マイプランに追加
×

当サイトからのお知らせ  新型コロナウイルス肺炎について 【2020年2月25日情報追加】 現在、シンガポールでは疾病対策コード(危険信号の様なもの)が、Orangeに指定されています。Orangeは、最高危険レベルのRedの一つ手前です。また、2月1日より、「14日以内に中国本土への渡航歴」がある人のシンガポールへの入国・トランジットはできなくなっているのでご注意下さいませ。シンガポール現地住民で中国から帰国された人への制限も実施されており、学校への登校・会社への出勤が禁止されています。2020年2月24日12時時点のシンガポール政府から公開された情報では、新型コロナウイルスの感染者数は90人(前日比1人増)、検査中が25人(前日比16人減)、検査結果が陰性の人が1239人(前日比37人増)、すでに回復し退院した人が53人(前日比2人増)です。日本のクルーズ船を含めた感染者数と比べると少なく見えますが、人口比率で見ると、日本より約3.56倍もの人がシンガポールでは感染している数値となります(2月19日時点での算出)。日本のクルーズ船を含めない感染者数での人口比率だと、日本より約26倍もシンガポールは感染率は高いです(WHOでの統計ではクルーズ船の感染者数は日本には含まれていません)。2月25日にWHOが発表した、2月24日時点の世界の感染者数は、中国:77262人、韓国:763人、日本:144人、イタリア:124人、シンガポール:89人、イラン:43人、アメリカ:35人、クルーズ船(日本):695人です。シンガポールでの感染者数は日に日に増加しており、2月9日にはカタールとクウェートがシンガポールへの不必要な渡航を控える通達を出しました。2月22日には、インド政府もシンガポールへの不要不急の旅行を控える通達を出しています。旅行情報を発信する立場としては、大変伝えづらいのですが、今の時期のシンガポールへの渡航は、当サイトとしてはお勧めできません。もしこれからやむを得ずシンガポールへ行かれる方はくれぐれも感染されないよう、ご注意下さいませ。現地ではマスクも売り切れており、入手困難です。各観光施設へ入る際には、体温チェックが実施される場合があります。さらに、渡航歴も聞かれる可能性もあるため、パスポートの携帯を忘れないようにしましょう。新しい情報が入り次第、当サイトでも情報を発信させて頂きます。

シンガポール植物園:ボタニックガーデン(Singapore Botanic Garden)

  • Facebookでシェア
お勧め度:☆☆☆☆料金目安:5ドル~所要時間:180分~ ハートマイプランに追加

シンガポール植物園:ボタニックガーデン(Singapore Botanic Garden)
シンガポール植物園:ボタニックガーデン(Singapore Botanic Garden)は、2015年に世界遺産に登録された巨大植物園です。ここでは、シンガポール植物園:ボタニックガーデンの魅力や見所、営業時間、場所・行き方などを徹底調査していますので、これからシンガポール旅行・観光に行かれる方の少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シンガポール植物園:ボタニックガーデン(Singapore Botanic Garden)はどんな所?

シンガポール植物園:ボタニックガーデンとは、どんな場所なのでしょうか?
基本的な情報から、魅力、見所をお伝えしていきます。

世界遺産に登録されたシンガポール植物園:ボタニックガーデン!

シンガポール植物園(Singapore Botanic Garden)は、園内の敷地が約40万平方メートルもある巨大植物園です。この広さは、東京ドームで表すと約13個も入り、全てを周り切るには半日程かかります。また、日本では英語名でそのままボタニックガーデンと呼ばれることもあります。

ボタニックガーデン

そして、このシンガポール植物園が2015年に世界遺産に登録されました。世界遺産に登録されるのは、シンガポールでは初めての事です。

では、世界遺産にも登録されたシンガポール植物園、何が一体凄いのでしょうか?
大きく次の5つの魅力があります。

魅力その1:シンガポール植物園は入場無料!

世界遺産にも登録されたシンガポール植物園ですが、なんと無料で入園できます。ただし、園内のナショナルオーキッドガーデンのみ大人5ドル、子供1ドルの入場料がかかります

シンガポール植物園は入場無料

魅力その2:構想は1822年から始まった古い歴史

シンガポール植物園の歴史は古く、1822年にシンガポールの父、ラッフルズ卿により構想が始まりました。初めは実験としての植物園でしたが、閉園や移転、日本の統治下や、独立という経緯を経て、現在のシンガポール植物園へと変化を遂げています。

ラッフルズ卿により構想が始まった

魅力その3:レイン フォレスト トレイル(Rain Forest)で森林浴

緑豊かな景色が続く美しい熱帯雨林の散歩道、レイン フォレスト トレイル(Rain Forest)。広大な敷地を活かし、距離も長く、森林浴を大いに楽しめます。

レイン フォレスト トレイル(Rain Forest)で森林浴

さらに、運が良ければリスや珍しい鳥などの動植物に遭遇することも!

↓木に登るリス
木に登るリス

↓とても可愛く、目が釘付け!
とても可愛く、目が釘付け!

魅力その4:ジンジャー ガーデン ~ ナショナル オーキッド ガーデン(国立洋ラン園)

ジンジャー(しょうが)にフォーカスしたジンジャー ガーデン(Ginger Garden)と、シンガポール植物園内で唯一有料のナショナル オーキッド ガーデン(National Orchid Garden)。花々が美しく、特に女子に人気の観光スポットです。 さらに詳しく、次章でたくさんの写真とともにご紹介しています!

ジンジャー ガーデン(Ginger Garden)と、シンガポール植物園内で唯一有料のナショナル オーキッド ガーデン(National Orchid Garden)

魅力その5:ハリアで素敵な食事を楽しむ

シンガポール植物園の楽しみの一つ、ザ ハリア アット シンガポール ボタニック ガーデンズ。ハリアでは、シンガポール植物園内だからこそできる、自然豊かな美味しい食事が楽しめます!さらに詳しく、次章でたくさんの料理写真やメニューとともにご紹介しています!

ザ ハリア アット シンガポール ボタニック ガーデンズ

プラスα 日本語ガイドツアーも無料で参加可能!

プラスαの情報としてお伝えしたいのが、シンガポール植物園では無料で参加できるガイドツアーが実施されている点です。
※国立洋ラン園の入園料(5ドル)は必要です。

シンガポール植物園の無料日本語ガイドツアー

さらに、ガイドツアーは日本語で実施されているため、英語が苦手な方や初めての海外旅行の方にもお勧めです。

実施日時は、毎月第1土曜日の午前10時からとなっており、先着30名様までです。所要時間も2時間と、たっぷりボタニックガーデンを満喫できます。
注意事項や参加方法の詳細は、こちらのシンガポール植物園 日本語ガイドをご確認下さい。

ジンジャー ガーデン ~ 国立洋ラン園

広大なシンガポール植物園内の見所の一つ、ジンジャー ガーデン(Ginger Garden)と、 国立洋ラン園:ナショナルオーキッド・ガーデン(National Orchid Garden)についてご紹介していきます!

しょうがの花ってこんなに美しいの?ジンジャーガーデン!

↓ジンジャー ガーデン(Ginger Garden)の入口。もちろん入場無料です!
ジンジャー ガーデン(Ginger Garden)の入口

みなさん、知っていましたか?しょうが(ジンジャー)は、とても美しい花が咲くのです。

しょうが(ジンジャー)の花

シンガポール植物園内にあるジンジャーガーデンでは、1000種類以上のジンジャーが展示されており、中には目を見晴ような綺麗な花が咲いているしょうがもあるのです。

↓色鮮やかな黄色のジンジャーの花
色鮮やかな黄色のジンジャーの花

また、ジンジャーガーデンでは、しょうがだけが植えられている訳ではなく、様々な木々、植物も展示されています。

↓湖もあり、まるでジャングルにいるような体験もすることができます。
湖もあり、まるでジャングルにいるような体験もすることができます。

女子にお勧めの国立洋ラン園:ナショナルオーキッド・ガーデン

続いてご紹介するのが、国立洋ラン園です。

国立洋ラン園:ナショナルオーキッド・ガーデンの入口

シンガポール植物園は入場無料ですが、唯一有料なのが、この国立洋ラン園です。
※日本では英語名そのままでナショナル オーキッド ガーデン:National Orchid gardenと呼ばれることもあります

国立洋ラン園では、たくさんのラン(オーキッド)を観ることができ、特に女子にお勧めの観光スポットです。

国立洋ラン園の入場料は、以下です。

  • 大人:5ドル
  • 学生:1ドル
  • シニア:1ドル(60歳以上)
  • 子供:無料(12歳未満)

大人でも5ドルと安く、料金以上の価値があるためお勧めです。シンガポール植物園に来たら、是非寄って行きましょう。

↓チケットは、入口にあるチケットセンターで購入します。
入口にあるチケットセンターで購入

国立洋ラン園に入場して、まず出迎えてくれるのが、2羽の鶴のオブジェクトです。
↓背景の緑も合わさり、2羽の鶴がとても美しく見えます。
背景の緑も合わさり、2羽の鶴がとても美しく見えます

そして、入場して進むと、すぐに美しい蘭(オーキッド)に囲まれます

↓周りが一面緑なので、ピンクの花がさらに際立った魅力となっています。
周りが一面緑なので、ピンクの花がさらに際立った魅力となっています。

↓花弁の模様が美しい蘭。
花弁の模様が美しい蘭。

↓黄色のランも素敵です。
黄色のランも素敵です。

↓形状・色も様々な形の蘭があり、観光客を飽きさせません。
形状・色も様々な形の蘭があり、観光客を飽きさせません。

↓温度調整され、冷えた温室内のランもあります。色がより鮮やか。
温度調整され、冷えた温室内のランもあります。色がより鮮やか。

↓温室内には、食虫植物もあるため、見逃さないように!
温室内には、食虫植物もあるため、見逃さないように!

国立洋ラン園のマップ

国立洋ラン園のマップです。

↓クリックで拡大します。
国立洋ラン園のマップ

シンガポール植物園は東京ドーム13個分の敷地を有しており、国立洋ラン園も広大です。そのため、全てを見て回るのに20分は所要時間としてみておくと良いでしょう。

シンガポール植物園限定のお土産もお勧め!

国立洋ランの入口には、シンガポール植物園限定の商品が多くある、お土産ショップがあります。(入場料は払わずに購入できます)

↓美しい花柄が魅力のタンブラー:14ドル
美しい花柄が魅力のタンブラー:14ドル

↓ボタニックガーデン限定マグカップ:8.9ドル
ボタニックガーデン限定マグカップ:8.9ドル

↓ポーチ類:80ドル前後
ポーチ類:80ドル前後

↓シンガポールロゴのマグカップ:7.5ドル
シンガポールロゴのマグカップ:7.5ドル

↓ランの限定ティー(紅茶)も販売されています。1缶:48ドル、3缶:68ドル
ランの限定ティー(紅茶)も販売されています。1缶:48ドル、3缶:68ドル

素敵な食事をハリア アット シンガポール ボタニックガーデンで

シンガポール植物園内にあるレストラン、ハリア アット シンガポール ボタニック ガーデンズ(Halia At Singapore Botanic Gardens)についてお伝えしていきます。

ジンジャーをふんだんに使ったヘルシーなランチセットに注目!

ハリア アット シンガポール ボタニック ガーデンズでは、シンガポール植物園だからこそできる料理が多くあり、特にジンジャーをふんだんに使ったランチセットは、ヘルシーでお勧めです。

↓ハリアの入口です。植物園の景観を損なわない、シックな建物となっています。
ハリアの入口です。植物園の景観を損なわない、シックな建物となっています。

お勧めのランチセットは、祝日を除く平日の12:00~14:00での提供となりますが、

  • 2品:28ドル
  • 3品:32ドル

と、コースにも関わらず、リーズナブルな料金となっています。
※2品、3品ともに料理とは別にコーヒー、またはティーが付きます。

↓前菜のサラダ。マグロとの下には蕎麦が隠れており、強すぎない、程よい味覚のジンジャーのスライスがまぶされています。
前菜のサラダ

↓メインのボロネーゼです。ミートソースが絶妙な味付けで美味!
メインのボロネーゼ

↓デザートのジンジャー ヌガー。これは絶対にお勧めの一品です。パイナップルの風味が加わった、アイスクリームに近い食感で、ジンジャー風味のクラッカーもアクセントになり、ヤミツキの美味しさです。
デザートのジンジャー ヌガー

↓食後のコーヒー。器もオシャレです。
食後のコーヒー。器もオシャレです。

チリ・クラブやシンガポール・スリングなど地元グルメも!

ハリア アット シンガポール ボタニック ガーデンズでは、アラカルトで、シンガポールの地元グルメである

  • チリ・クラブ
    各種チリ、卵、味噌が含まれたマイルドな濃厚ソースで、カニを丸ごと炒めた料理
  • シンガポール・スリング
    シンガポール発のオリジナルカクテル。パイナップルとジンをベースにした、女性にも飲みやすい甘めの絶品カクテルです。

がセットになったメニュー:54ドルもあります。

その他にも、ジンジャー(しょうが)をそれぞれの食材に合わして使った美味しい料理が多くあり、どれもお勧めです。

↓ハリアのメニュー①(クリックで拡大します)
ハリアのメニュー①

↓ハリアのメニュー②(クリックで拡大します)
ハリアのメニュー②

スポンサーリンク

シンガポール植物園:ボタニックガーデンへの行き方・地図・アクセス方法

シンガポール植物園:ボタニックガーデン(Singapore Botanic Garden)の場所や行き方・アクセス方法についてお伝えしていきます。

シンガポール植物園:ボタニックガーデンの場所・マップ

↓シンガポール植物園:ボタニックガーデン周辺マップです。近くの観光スポットやレストラン、ホテルも表示できます!このままだと少し見にくいので、地図を全画面表示にしてご活用下さいませ!!

クリックで地図が表示されます!シンガポール植物園:ボタニックガーデン近くの観光スポットやレストラン・ホテルも表示できる高機能マップです! 地図を全画面表示
  • シンガポール植物園:ボタニックガーデン周辺の
    観光スポット表示
  • シンガポール植物園:ボタニックガーデン周辺の
    レストラン表示
  • シンガポール植物園:ボタニックガーデン周辺の
    ホテル表示

シンガポール植物園:ボタニックガーデンへの行き方・アクセス・最寄り駅

シンガポール植物園:ボタニックガーデン(Singapore Botanic Garden)は、MRTのボタニック ガーデン(Botanic Garden)駅より徒歩1分程の場所にあります。

料金・所要時間・営業時間などの詳細情報

シンガポール植物園:ボタニックガーデン(Singapore Botanic Garden)のチケット料金や所要時間・営業時間などの詳細情報です。

シンガポール植物園:ボタニックガーデンの詳細情報
施設名シンガポール植物園:ボタニックガーデン
Singapore Botanic Garden
お勧め度☆☆☆☆
営業時間 月~日曜日: 5時00分~0時00分
所要時間3時間程度が目安
チケット
入場料金
入場無料
国立洋ラン園のみ有料
  • 大人:5ドル
  • 学生:1ドル
  • シニア:1ドル(60歳以上)
  • 子供:無料(12歳未満)
住所1 Cluny Rd, Singapore 259569
TEL
電話番号
+65 6471 7138
行き方
最寄駅
MRTのボタニック ガーデン(Botanic Garden)駅より徒歩1分程
公式サイトhttp://www.sbg.org.sg/

※上記の情報は2020年2月13日に更新されたものです。情報が古くなっている場合・不備がある場合は、大変お手数ですが、こちらよりご連絡の程、何卒宜しくお願い致します。

 

 

スポンサーリンク
  • Facebookでシェア

カテゴリー ⇒ 観光スポット

ツイッター・FB始めました
いいねで観光情報をGET!