マイプランに追加
×

当サイトからのお知らせ  新型コロナウイルス肺炎について ついに、シンガポール政府の発表により、短期滞在者(旅行者含む)は「シンガポールへの入国禁止」となりました。この規制は、2020年3月23日23時59分より適用となり、シンガポール市民や永住者・長期ビザ保持者以外は、全ての国からシンガポールへの入国はできなくなります。前回の規制では、14日間の自宅待機(ホテル可)をすれば入国は可能でしたが、今回の規制により、旅行者の入国・観光は完全に禁止された形となります。シンガポールでは、この3日間で感染者が急増しており、そのうちの実に80%もの人が海外で感染しておりました。この結果を受けて、今回の規制が開始されたものと思われます。これからシンガポール旅行・観光を検討されていた人・予約を既にされた人は、旅行会社等へのご確認をすぐにするなど、注意することをお勧め致します。この規制が何ヶ月かかるかは未定ですが、シンガポール旅行・観光はとても面白く、楽しく、元気が出るため、辛抱強く、待ちましょう。必ずいつかは規制は解けます。その時のために、今の楽しみを何倍にもして、とっておきましょう。また新しい情報が入り次第、当サイトでも情報を発信させて頂きます。

ラッフルズ卿上陸地点(Sir Stamford Raffles Landing Site)

  • Facebookでシェア
お勧め度:☆☆☆☆所要時間:5分~ ハートマイプランに追加

ラッフルズ卿上陸地点(Sir Stamford Raffles Landing Site)
ラッフルズ卿上陸地点(Sir Stamford Raffles Landing Site)は、マリーナベイ・シティ地区にあるスタンフォード・ラッフルズ卿が上陸したと言われる観光スポットです。

ここでは、ラッフルズ卿上陸地点の魅力や見所、営業時間、場所・行き方などを徹底調査していますので、これからシンガポール旅行・観光に行かれる方の少しでの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ラッフルズ卿上陸地点(Sir Stamford Raffles Landing Site)はどんな所?

ラッフルズ卿上陸地点とは、どんな場所なのでしょうか?
基本的な情報から、魅力、見所をお伝えしていきます。

スタンフォード・ラッフルズ卿は一体誰?

ラッフルズ卿上陸地点(Sir Stamford Raffles Landing Site)は、スタンフォード・ラッフルズ卿が初めてシンガポールに上陸したと言われている観光スポットです。

スタンフォード・ラッフルズ卿とは、シンガポールの父とも呼ばれる、シンガポールの創設者です。元々は東インド会社の職員として働いていたのですが、ジャワ島に派遣された事をきっかけにジャワ副知事、ベンクーレン副知事を経て、1822年から1823年までシンガポールに滞在し、自由貿易港を宣言し植民地の建設に携わりました。

スタンフォード・ラッフルズ卿

ラッフルズ卿上陸地点(Sir Stamford Raffles Landing Site)

ラッフルズ卿上陸地点(Sir Stamford Raffles Landing Site)は、旅行・観光ガイドブックでは必ずと言って良いほど取り上げられる観光スポットです。特に博物館や、記念館があるわけではないのですが、ガイドブックでよく見るラッフルズ卿像がある写真撮影スポットとなっています。

ラッフルズ上陸地点
by User:Sengkang

ラッフルズ卿上陸地点の背景には、シンガポールの高層ビル群が見えます。

↑ラッフルズ卿上陸地点の背景には、シンガポールの高層ビル群が見えます。まさに、シンガポールの発展に貢献した、という歴史も感じられる立地となっているので、是非観てみて下さい。

さらに、もう一つ注目したい点が、ラッフルズ卿の像の台座部分です。

この台座部分にはラッフルズ卿に関する記述があるのですが、面白いのが、

  • 英語
  • 中国語(北京語)
  • マレー語
  • タミル語

と、シンガポールの公用語である4つの言語で表示されている点です。この点からも、シンガポールの歴史が感じられます。細かい点ですが、見逃さないようにしましょう。

マレー語でのラッフルズ卿の説明 中国語(北京語)でのラッフルズ卿の説明 タミル語でのラッフルズ卿の説明 英語でのラッフルズ卿の説明
↑4つの言語でのラッフルズ卿上陸地点に関する説明。

また、対岸には、クラークキーエリアのお洒落なテラスのレストラン街もあるため、ラッフルズ卿上陸地点で写真撮影を楽しんだ後、対岸に食事をするのも良いでしょう。

クラークキーエリアについては、こちらの記事で特集していますので、参考にしてみて下さいませ。
初めてのシンガポール旅行・観光(クラークキーエリア)

スポンサーリンク

ラッフルズ卿上陸地点への場所・行き方・アクセス方法

ラッフルズ卿上陸地点(Sir Stamford Raffles Landing Site)の場所や行き方・アクセス方法についてお伝えしていきます。

ラッフルズ卿上陸地点の場所・マップ

↓ラッフルズ卿上陸地点周辺マップです。近くの観光スポットやレストラン、ホテルも表示できます!このままだと少し見にくいので、地図を全画面表示にしてご活用下さいませ!!

クリックで地図が表示されます!ラッフルズ卿上陸地点近くの観光スポットやレストラン・ホテルも表示できる高機能マップです! 地図を全画面表示
  • ラッフルズ卿上陸地点周辺の
    観光スポット表示
  • ラッフルズ卿上陸地点周辺の
    レストラン表示
  • ラッフルズ卿上陸地点周辺の
    ホテル表示

ラッフルズ卿上陸地点への行き方・アクセス・最寄り駅

ラッフルズ卿上陸地点(Sir Stamford Raffles Landing Site)は、MRTのシティ・ホール(City Hall)駅より徒歩10分程の場所にあります。

料金・所要時間・営業時間などの詳細情報

ラッフルズ卿上陸地点(Sir Stamford Raffles Landing Site)のチケット料金や所要時間・営業時間などの詳細情報です。

ラッフルズ上陸記念の地の詳細情報
施設名ラッフルズ上陸記念の地
Sir Stamford Raffles Landing Site
お勧め度☆☆☆☆
営業時間 月~日曜日: 24 時間営業
所要時間5分程度が目安
チケット
入場料金
0SGD(無料)
住所Raffles Landing Site, 59 Boat Quay, Singapore 049859
行き方
最寄駅
MRTのシティ・ホール(City Hall)駅より徒歩10分程

※上記の情報は2020年5月31日に更新されたものです。情報が古くなっている場合・不備がある場合は、大変お手数ですが、こちらよりご連絡の程、何卒宜しくお願い致します。

ラッフルズ上陸記念の地を
マイプランに追加する

マイプランとは?

マイプランとは、もっと楽しく、もっと簡単に、旅行プランを作成できる機能です。

↓こちらは、マイプラン機能の検索画面。

検索から簡単に観光スポットをPlayPlanに追加

検索から、行きたい観光スポットをワンタッチでプランに追加

すると・・・

スポット名、入場料金、営業時間、住所、マップ情報(そのままマップで表示できます!)、所要時間、お勧めレベルなどの情報が、自動で登録されます!

スポット名称などは当たり前に登録され、さらに、

  • 入場料金
  • 営業時間
  • 住所
  • マップ情報
    (そのままマップで表示できます!)
  • 所要時間
  • お勧めレベル

などの情報が、自動で登録されます!

特に、マップ情報は便利で、

Googleマップで行き先のスポットを簡単に表示したり

追加したスポット達をGoogleマップで一括表示できるため、

場所を把握しながら、簡単に旅行プランを立てることが可能です。

さらに、

マップ上からもスポットの検索が可能なので、

次にどこに行こうかな~、

という時にも、すぐ近くの観光スポットや、レストランなどを

マイプランに簡単に追加することができます。

また、

追加したスポットは、長押しで簡単に順番が並び替えできます

追加したスポットは、長押しで簡単に並び替えできますので、

旅行スケジュールの日程や、

行き先が変更になった場合も、

すぐに対応が可能です。

さらにさらに、

友達や家族と旅行に行く場合に便利なのが、

友達とプランを共有して、一緒に編集したり・・・

旅行プランを一緒に編集できるシェア機能です!

このシェア機能の一番便利な点は、

ログインやインストールなどをしなくても、すぐにシェア・利用できる点です。

※マイプラン機能もログインは不要!

このシェア機能を活用すれば、

友達や家族と一緒に楽しく旅行計画を立てることができます。

もちろん、編集権限も設定できるので、自分のみを編集可能にして、シェアされた人は閲覧のみにすることも可能。

そして、このマイプランの極めつけの機能が、

シンガポールや海外などのネットが使えないオフライン状態でも閲覧可能という点です。

マイプラン(PlayPlan)のオフライン機能

↑日本にいる時でも、機内モードにすることで、オフラインで閲覧できるかどうか確認できます。

このオフライン機能があれば、

シンガポールでネットが使えない外にいる時でも旅行スケジュールをすぐに確認することができるため、

迷うことも少なくなります!

このオフライン機能は、実現するのにとても苦労しました。

PWAというWEBの最新技術を用いており、アプリなどをインストールをしなくても、

インターネットを見るブラウザを開くだけで、

気軽にマイプラン機能や、オフライン機能も利用することができるようになっています。

その他、様々な便利機能があり、

  • 自動で次のスポットの移動時間計算
  • 次のスポットまでのルート表示
  • 旅行費用の合計表示
  • 行きたい場所の自動並び替え
    ※自動で、最短距離順にスポットを並び替えできます!
  • 一括設定機能
  • リンク設定
  • 日程や時間は入力しても、しなくてもOKな柔軟な操作
  • レストランなどが休日の場合のエラー表示

などなど、便利な機能がたくさんあります。

このマイプラン機能は、

ひとえに、シンガポール旅行が

もっと楽しく、

もっと便利に

なれば良いな・・・

という思いから開発いたしました。

さらなる機能の追加もしていきますので、

是非一度、試してみて頂き、

もし、改善点などがあれば、

教えて頂ければ嬉しい限りです。

ラッフルズ上陸記念の地を
マイプランに追加する
マイプラン機能はこちらから

 

 

 

スポンサーリンク
  • Facebookでシェア

カテゴリー ⇒ 観光スポット

ツイッター・FB始めました
いいねで観光情報をGET!