ラッフルズ卿上陸地点(Sir Stamford Raffles Landing Site)

お勧め度:☆☆☆☆所要時間:5分~

ラッフルズ卿上陸地点(Sir Stamford Raffles Landing Site)
ラッフルズ卿上陸地点(Sir Stamford Raffles Landing Site)は、マリーナベイ・シティ地区にあるスタンフォード・ラッフルズ卿が上陸したと言われる観光スポットです。ここでは、ラッフルズ卿上陸地点の魅力や見所、営業時間、場所・行き方などを徹底調査していますので、これからシンガポール旅行・観光に行かれる方の少しでの参考になれば幸いです。

ラッフルズ卿上陸地点(Sir Stamford Raffles Landing Site)はどんな所?

ラッフルズ卿上陸地点とは、どんな場所なのでしょうか?
基本的な情報から、魅力、見所をお伝えしていきます。

スタンフォード・ラッフルズ卿は一体誰?

ラッフルズ卿上陸地点(Sir Stamford Raffles Landing Site)は、スタンフォード・ラッフルズ卿が初めてシンガポールに上陸したと言われている観光スポットです。

スタンフォード・ラッフルズ卿とは、シンガポールの父とも呼ばれる、シンガポールの創設者です。元々は東インド会社の職員として働いていたのですが、ジャワ島に派遣された事をきっかけにジャワ副知事、ベンクーレン副知事を経て、1822年から1823年までシンガポールに滞在し、自由貿易港を宣言し植民地の建設に携わりました。

スタンフォード・ラッフルズ卿

ラッフルズ卿上陸地点(Sir Stamford Raffles Landing Site)

ラッフルズ卿上陸地点(Sir Stamford Raffles Landing Site)は、旅行・観光ガイドブックでは必ずと言って良いほど取り上げられる観光スポットです。特に博物館や、記念館があるわけではないのですが、ガイドブックでよく見るラッフルズ卿像がある写真撮影スポットとなっています。

ラッフルズ上陸地点
by User:Sengkang

ラッフルズ卿上陸地点の背景には、シンガポールの高層ビル群が見えます。

↑ラッフルズ卿上陸地点の背景には、シンガポールの高層ビル群が見えます。まさに、シンガポールの発展に貢献した、という歴史も感じられる立地となっているので、是非観てみて下さい。

さらに、もう一つ注目したい点が、ラッフルズ卿の像の台座部分です。

この台座部分にはラッフルズ卿に関する記述があるのですが、面白いのが、

  • 英語
  • 中国語(北京語)
  • マレー語
  • タミル語

と、シンガポールの公用語である4つの言語で表示されている点です。この点からも、シンガポールの歴史が感じられます。細かい点ですが、見逃さないようにしましょう。

マレー語でのラッフルズ卿の説明 中国語(北京語)でのラッフルズ卿の説明 タミル語でのラッフルズ卿の説明 英語でのラッフルズ卿の説明
↑4つの言語でのラッフルズ卿上陸地点に関する説明。

また、対岸には、クラークキーエリアのお洒落なテラスのレストラン街もあるため、ラッフルズ卿上陸地点で写真撮影を楽しんだ後、対岸に食事をするのも良いでしょう。

クラークキーエリアについては、こちらの記事で特集していますので、参考にしてみて下さいませ。
初めてのシンガポール旅行・観光(クラークキーエリア)

ラッフルズ卿上陸地点への場所・行き方・アクセス方法

ラッフルズ卿上陸地点(Sir Stamford Raffles Landing Site)の場所や行き方・アクセス方法についてお伝えしていきます。

ラッフルズ卿上陸地点の場所・マップ

↓ラッフルズ卿上陸地点周辺マップです。近くの観光スポットやレストラン、ホテルも表示できます!このままだと少し見にくいので、地図を全画面表示にしてご活用下さいませ!!

地図を全画面表示
  • ラッフルズ卿上陸地点周辺の
    観光スポット表示
  • ラッフルズ卿上陸地点周辺の
    レストラン表示
  • ラッフルズ卿上陸地点周辺の
    ホテル表示

ラッフルズ卿上陸地点への行き方・アクセス・最寄り駅

ラッフルズ卿上陸地点(Sir Stamford Raffles Landing Site)は、MRTのシティ・ホール(City Hall)駅より徒歩10分程の場所にあります。

料金・所要時間・営業時間などの詳細情報

ラッフルズ卿上陸地点(Sir Stamford Raffles Landing Site)のチケット料金や所要時間・営業時間などの詳細情報です。

施設名 ラッフルズ卿上陸地点
Sir Stamford Raffles Landing Site
ラッフルズ卿上陸地点(Sir Stamford Raffles Landing Site)の詳細情報
お勧め度 ☆☆☆☆
営業時間 24時間観ることができます。
所要時間 5分程度を目安として下さい
住所 Raffles Landing Site, 59 Boat Quay, Singapore 049859
TEL
電話番号
-
Eメール -
公式サイト -
チケット
入場料金
入場料金などは特に無し。無料。
行き方 MRTのシティ・ホール(City Hall)駅より徒歩10分程

 

 

カテゴリー ⇒ 観光スポット

ツイッター・FB始めました
いいねで観光情報をGET!