ラッフルズホテルシンガポールの予約徹底ガイド!

ラッフルズホテルシンガポールの予約徹底ガイド!

ロングバー(Long Bar)※現在閉鎖中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロングバー
※ラッフルズホテル改装のため、ロングバーは2017年2月13日より閉鎖中なのでご注意下さい!
ロングバーの閉鎖は2018年中頃までを予定しているとの事です。(ラッフルズホテルへ直接確認済み)

また、2017年8月中旬よりラッフルズホテルの一部のスイートの改装が始まり、2017年末からはホテルが全館休業になります。
いずれも、2018年中頃にリニューアルオープン予定です。2017年末~2018年中頃までは残念ですが、別のホテルへ宿泊しましょう。
お勧めホテルは、シンガポール旅行観光.comで徹底的に調査しているので、そちらも参考にしてみて下さいませ。

  • おすすめ!シンガポールの夜景が綺麗なホテル7選
  • 徹底調査!子連れ家族・ファミリー向けおすすめホテル
  • ロマンチックに泊まる!カップルや新婚旅行におすすめのホテル9選
  • 友達やグループ・団体旅行向けのシンガポールの人気ホテル12選
  • 女性でも安心!一人旅におすすめのホテル【男性編も】
  • ハイティー・アフタヌーンティーも楽しめる!クラブラウンジがお得なホテル9選
  • ビジネスマンが仕事・出張で泊まりたいシンガポールのおすすめホテル

以下、ロングバーの本記事内容です。(閉鎖中ではありますが、何かの参考になれば幸いです・・・)

ラッフルズホテル内のレストラン、ロングバー(Long Bar)とは、どんなお店なのか、シンガポール・スリングを始めとしたメニューや料金の目安、予約方法などを徹底調査しています。レストラン選びの参考にして頂ければと思います。

ロングバー(Long Bar)とは?

ロングバー(Long Bar)とは、ラッフルズホテルを一躍有名にしたシンガポール・スリング発祥の歴史あるバーです。

ロングバーから生まれたシンガポールスリング!

今や世界でも有名なカクテルの一つとなっているシンガポール・スリング。このカクテルは、実はラッフルズホテルのロングバーが発祥なのです。

シンガポール・スリングは、1915年、当時のロングバーのバーテンテンダーだったヤム・トン・ブン(Ngiam Tong Boon)によって発明されました。シンガポール・スリング

当時、シンガポールでは若い女性がお酒を飲むことは、あまり良いことではないと思われていました。そこで彼は、若い女性がお酒を飲んでいない様に見える飲み物を作ろうと思い、透明のジンをベースにして、そこにチェリーブランデーやパイナップルジュースなどを加えてジュースの様な見た目にしたカクテルを発明しました。

するとこれがたちまち大人気となり、今では女性はもちろん男性からも愛されるカクテルとなっています。味に関しても、ジュースの様な飲みやすさですがジュースよりも美味しく、そこにアルコールの程よい味覚が足され、絶妙な味わいのドリンクとなっています。

現在、シンガポール・スリングはヨーロッパ、アメリカを始め、世界の各地でのみことができますが、本物が飲めるのはロングバーだけなので、シンガポールに旅行・観光の際は是非一度立ち寄ってみる事をお勧めします。

また、ラッフルズホテルの宿泊者は、ウェルカムドリンクとしてシンガポール・スリングを無料で飲む特典がついてきます。もちろん、ロングバーで飲むものと一緒のスリングです!

無料で食べれるピーナッツの殻は床に捨てよう!

ラッフルズホテルのロングバーでは、シンガポール・スリングの他にも有名なものがあります。それは、ピーナッツの殻を床に捨てること!

↓ロングバーの床です。ピーナッツの殻が至る所に捨ててあります。
ピーナッツの殻を床に捨てる一見、行儀の悪い行為に見えるのですが、これがロングバー(Long Bar)の流儀となっているため、遠慮なく床に投げ捨てましょう。ただし、朝など早い時間帯や掃除されたすぐ後だと床に殻がほとんどなく、最初に捨てるのは気が引けてしまいます。そんな場合は殻入れも用意されていますので、そちらに捨てておきましょう。 ※殻入れが近くにない場合もあります。

ピーナッツは、1テーブルに山盛りで置いてあり、席に付けば無料で食べ放題です。カウンターにも、間隔を空けてピーナッツが入っている箱が置いてあり、同じく無料で食べ放題です。味も、塩加減が絶妙で止まらなくなります!

生演奏のライブでロマンチックな夜を過ごそう

ロングバー(Long Bar)の店内は、1920年代のマレーシアの農園をテーマにしておりシンガポール・スリングとともに東南アジアの歴史も感じることができます。

店内にはテーブル席も多くあるのですが、雰囲気をより感じたい方はカウンター席に座るのも一つの楽しみ方です。なぜなら、このロングバーの名前は、「長い木のバーカウンター」が由来となっているからです。

そして、もう一つのお楽しみが、21時を過ぎると開始されるバンドの生演奏です。カントリー調の曲から、最新のポップまで聞くことができ、老弱男女、楽しむことができます。
バンドの生演奏

生バンドのライブは、2階で演奏されます。バンドの演奏がある事を知っている人が少ないためか、21時前までは2階は空いている事が多いですが、バンドの演奏が始まると人が混み出します。

お勧めとしては、21時少し前に入店して店の中央にある螺旋階段を昇った2階に行くと、バンドの生演奏がすぐ近くで楽しめます。伝統のあるロングバーでシンガポール・スリングを飲みながら聞く音楽は、至福のひと時であり、これぞシンガポール旅行!と言える思い出となること間違いないでしょう。

ドレスコードでラッフルズホテルの雰囲気を楽しもう!

ロングバー(Long Bar)には、一応ドレスコードが指定されています。スマートカジュアルよりも緩やかな規定となっておりますが、実際はそれよりも緩やかで、短パン、サンダルで来店されているお客さんも見受けられます。

ただし、一流ホテル併設のバーであるので、念のためタンクトップなどのノースリーブ、短パン、ビーチサンダルなどの服装は避けておきましょう。特に、夜の時間帯はバンドの生演奏も始まり、お洒落に着こなした方も来られるため、雰囲気を壊さない服装で楽しむよう心がけたいです。

メニュー一覧・料金の目安・予算

ロングバー(Long Bar)のメニュー一覧と、料金の目安・予算についてお伝えしていきます。

シンガポール・スリング1杯の料金は28ドル!

ロングバー(Long Bar)で必ず一杯は飲んでおきたいシンガポール・スリングの料金は、28ドルです。少し高めの値段設定ですが、ここだけでしか飲めないオリジナルなシンガポール・スリングですので、訪れた際は是非飲んでおきましょう。

その他、ビールが16ドル~、各種フルーツ風味のスリングが28ドルですので、料金の目安・予算としては、30~50ドル程はみておきましょう。 また、ラッフルズホテルに宿泊している場合は、ルームチャージとして部屋代金につける事も可能です。その場合は、チェックアウト時の精算となります。

スナックの注文でシェイカーが無料で貰える!

※こちらのシェイカーが貰えるサービスは、残念ながら2015年に終了致しました。
ご連絡頂いたT.S様、ありがとうございます!

これは、観光ガイドブックにも掲載されていない情報なのですが、スナックメニュー(食べ物)の注文をすると、シンガポール・スリングのシェイカーが無料で貰えます!
シェイカー
↑ラッフルズの文字入りで、思い出の記念にもなりますし、お土産としても活用できます!
シェイカー裏面
↑少し見にくいですが、シェイカーの裏面にはシンガポール・スリングの各材料の分量メモリが入っているため、実際に作ることも可能!

恐らく、ほとんどの方がシンガポール・スリング目当てで訪れ、無料のピーナッツを食べて帰られると思います。無料で食べられるピーナッツも塩味が効いていて美味しいのですが、ロングバーで注文する料理も、さすが一流レストランに隣接しているというだけあり、とても美味しいです。

一番安いスナックメニューは、ポテト(French Fries)の12ドルからですので、お土産や記念として一つ注文してみると良いでしょう!ポテト(フレンチ・フライ)
↑12ドルのフレンチフライ。熱々でポテト本来の味わいが楽しめます。ドリンクは左からオータムスリング(28)ドルと、スリング1887(30ドル)

ロングバーのメニュー一覧

以下、ロングバーのメニューと料金の一部です。
※季節や時期により、メニュー内容や料金が変更になる可能性があるため、あくまで参考にされるよう、お願い致します。

スリング

  • オリジナル・シンガポール・スリング: 28ドル
    (英語名:ORIGINAL SINGAPORE SLING)
  • スリング1887: 30ドル
    (英語名:SLING 1887)
  • 各種フルーツ風味スリング: 28ドル
    スプリングスリング(SPRING SLING )、サマースリング(WINTER SLING )、ウィンタースリング(WINTER SLING )、オータムスリング(AUTUMN SLING )、トロピカルスリング(TROPICAL SLING )、コートヤードスリング(COURTYARD SLING)

ビール

  • タイガー ドラフト: 18ドル
    (英語名:TIGER DRAUGHT)
  • タイガー パイント(グラス): 20ドル
    (英語名:TIGER PINT )
  • ハイネケン ドラフト: 19ドル
    (英語名:HEINEKEN DRAUGHT)
  • ハイネケン パイント(グラス): 21ドル
    (英語名:HEINEKEN PINT)
  • ギネス パイント(グラス): 24ドル
    (英語名:GUINNESS PINT)
  • タイガー ハーフヤード: 30ドル
    (英語名:TIGER HALF YARD)
  • その他、缶でもビールは飲めます。(16~20ドル)

スナック(11:30~22:30まで)
 ※スナック注文でもれなくシンガポール・スリングのシェイカーが貰えます!
  ※シェイカーが貰えるサービスは、残念ながら2015年に終了致しました。

  • ポテト: 12ドル
    (英語名:FRENCH FRIES)
  • ナチョス: 15ドル
    (英語名:NACHOS)
  • アスパラとトマトのサラダ: 19ドル
    (英語名:ASPARAGUS AND TOMATO CONFIT SALAD)
  • エビとマンゴーのスプリングロール: 19ドル
    (英語名:PRAWN AND MANGO SPRING ROLLS)
  • バッファローチキンリングス: 19ドル
    (英語名:BUFFALO CHIKEN WINGS)
  • ロングバー・バーガー: 39ドル
    (英語名:LONG BAR BURGER )

 

お店の予約方法

ロングバー(Long Bar)は、予約は特にしなくても利用することができますが、確実に利用されたい場合は、以下の3通りの予約方法があります。

  • Eメールでの予約(dining.singapore@raffles.com)
    dining.singapore@raffles.com へEメールにて予約をすることができます。
  • 電話予約(+65 6412 1816)
    ラッフルズホテルのレストラン予約の電話番号である +65 6412 1816 へ電話後、ロングバー(Long Bar)の予約をする事ができます。
  • 直接予約
    お店への直接の来店もしくは、ホテル宿泊客であればバトラーに伝える事で予約をする事ができます。
    ※24時間のバトラーサービスは全客室の特典として付帯されています。

 

ラッフルズホテル内の地図・営業時間などの詳細情報

ロングバー(Long Bar)のラッフルズホテル内の場所・地図(マップ)や、営業時間、定休日などの詳細情報です。

ロングバー(Long Bar)の詳細情報
レストラン名 ロングバー
Long Bar
料理ジャンル バー・レストラン
シンガポール・スリング発祥のバー。スナックを注文するとシェイカーが無料で貰えます!
※シェイカーが貰えるサービスは、残念ながら2015年に終了
料金の目安 30~50ドル程
営業時間
  • 日~木曜:11:00~24:30
  • 金・土曜:11:00~25:30
定休日 年中無休
電話番号 +65 6412 1816
(ラッフルズホテル内のレストラン統括番号)
ドレスコード スマートカジュアルよりやや緩め
(短パンやノースリーブのシャツ、ビーチサンダルなどはNG)
予約方法
  • Eメールでの予約(dining.singapore@raffles.com)
  • 電話予約(+65 6412 1816)
  • 直接予約
住所 2F Raffles Hotel, 1 Beach Road, Singapore 189673
☆ラッフルズホテル内の場所(フロアマップ)☆
ロングバーは2階にあります。
↓下記地図では一番左の01です。地図はクリックで拡大します!
ラッフルズホテル内の場所(フロアマップ)2階

 

 

 

シンガポールでスマホも使えるWiFiレンタルがどこまで使えるのか、実際にモバイルルータをレンタルして現地で徹底調査してみました!

これからシンガポールに行かれる方は是非参考にしてみて下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー ⇒ レストランの記事一覧

■ラッフルズホテル カテゴリー一覧
×

ツイッター始めました!
毎日配信中です!

フェイスブックも
始めました!

シンガポールの素敵な情報を毎日お届け!フェイスブックアカウント

いいねを押して観光情報をゲット!

ツイッター・FB始めました
いいねで観光情報をGET!