MRT(電車)の乗り方

  • Facebookでシェア

MRT
MRTとは、シンガポールの電車・地下鉄のことを意味し、Mass Rapid Transit(マス ラピッド トランジット)の略です。

シンガポールの交通手段として外せないMRTの乗り方や切符の買い方、乗り換え方法・路線図などを分かりやすくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

シンガポールのMRT(電車)の切符の買い方

シンガポールの旅行・観光には欠かせない交通手段でもある、MRT(電車)。

MRTに乗るには以下の3つのチケット・切符のどれかを購入する必要があります。

  • スタンダートチケット
    (Standard Ticket)
  • ez-linkカード
  • シンガポール・ツーリスト・パス
    (Singapore Tourist Pass)

MRTのスタンダートチケット(Standard Ticket)

スタンダートチケット(Standard Ticket)は、名前の通り、MRTを利用する場合のスタンダードなチケット(切符)で、シンガポール旅行者であればこのスタンダードチケットが最も適しています

シンガポールの電車(MRT)のスタンダードチケット(切符)
↑スタンダードチケット。一見、ペラペラの紙に見えるのですが、ICチップに対応しており、日本のパスモ・スイカなどの様に改札にかざすだけで通れます。

スタンダードチケットの買い方
スタンダードチケットは、MRTの各駅のGTMと呼ばれる切符の自動券売機で購入する事ができます。

■ステップ①
右側のEnglishを画面タッチして、初期画面に戻し、Buy Standard Ticketの中のStation Name を画面タッチします。

※Map(路線図)からも選択する事ができますが、ここではStation Nameで説明していきます。

■ステップ②
駅名が名前順で表示されているので、目的の駅名をタッチします。ここでは、マリーナベイサンズホテルの最寄り駅であるBayfront駅で説明していきます。

■ステップ③
金額と駅名が表示されるので、確認後、Single Trip(片道)をタッチします。往復の場合はReturn Tripを。

■ステップ④
お金を入れると、チケット(切符)が出てきて購入完了!
10ドル札は6ドル以上のチケット購入時にしか利用できませんので、10ドル札未満のお金を投入するようにしましょう!

↑右側がお金を入れる部分で、左側からチケットが出てきます。

また、このスタンダードチケットは初回の購入時に10セントのデポジット(保証金)を含んでおり、同じチケットにチャージして繰り返し6回利用すると10セントが割引される形で返金されます。旅行・観光で6回利用するのは難しい面もありますが、できれば6回利用してデポジットを返金したい所です。

スポンサーリンク

ez-linkカード

ez-linkカードとは、MRTとシンガポールの路線バスの両方に使えるICカードで、初回の購入時は12ドルの料金がかかります。

12ドルの内訳は、

  • 5ドル:カード代
  • 7ドル:運賃

が含まれており、運賃の7ドル分が実際にMRTやバスで利用できる金額となっています。

ez-linkカードの購入は、各MRT駅のチケット・オフィス(Tickec Office)で購入する事ができますが、カード代金の5ドルは返金されないため、旅行・観光者にはあまり向いていません。MRTに乗る場合はスタンダードチケットを買う事をお勧めします。

ただし、ez-linkカードの運賃は、スタンダードチケットよりも少し安く電車に乗ることができます。そのため長期間の旅行客や、シンガポール現地在住の方などは、ez-linkカードの方がお得になる可能性が高いです。

シンガポール・ツーリスト・パス(Singapore Tourist Pass)

シンガポール・ツーリスト・パス(Singapore Tourist Pass)とは、電車(MRT)と路線バスが乗り放題になるチケットの事です。
Singapore Tourist Pass

パスは全部で以下の3種類あります。

  • 1日券:20ドル
    購入日の終電・終バスまで乗車可
  • 2日券:26ドル
    購入日の翌日の終電・終バスまで乗車可
  • 3日券:30ドル
    購入日の翌々日の終電・終バスまで乗車可

料金には、10ドルのデポジット(保証金)が含まれており、発行から5日以内にパスを返却するとデポジット代金の10ドルが返金されます。

また、シンガポール・ツーリスト・パスは、チャンギ国際空港ターミナル2や、ベイフロント駅(マリーナベイサンズ最寄駅、土日祝のみ)など、指定されたMRTの駅でしか購入できないのでご注意下さいませ。
→ シンガポールツーリストパスが購入できる駅のリスト(公式サイト)

結局、どの切符が一番お得なの?

シンガポールの電車(MRT)には3種類の切符があるのは分かったのですが、一体、どのチケット(切符)が一番お得、または適しているのでしょうか?

以下、タイプ別のお勧め切符の表です。

スタンダート
チケット
基本的に全ての旅行者はこちらでOK。
電車に1日10回以上乗らない場合は、こちらが一番安くなります
シンガポール
ツーリスト
パス
MRTに1日10回以上乗車する場合はこちらがオススメ
※ただし、パスの返却をしないとデポジットの10ドルが没収されるので注意
ez-linkカード数週間以上の長期旅行客・滞在者はこちらがオススメ

シンガポールの電車MRTの料金はとても安く、約1ドル前後の乗車賃なので、MRTに10回以上(往復だと5回以上)乗られる場合は、シンガポール・ツーリスト・パスがお得です。

ただし、シンガポールツーリストパスは、5日以内に指定のMRT駅で返却をしないと10ドルの保証金が没収されてしまうため、ご注意下さいませ。

MRT(電車)の乗り方・乗換方法

MRT(電車)の乗り方や乗換方法は、至って簡単です。

日本の電車とほとんど同じ形式

シンガポールのMRT(電車)の乗り方は、日本の電車の乗り方とほとんど同じ形式なので、難しくはありません。

ただし、改札を通る場合は切符を入れる場所がなく、全てICチップをかざす方式になっているので、スタンダードチケットなども改札にかざして通るようにしましょう。

↓MRTの改札。右のかざす部分にチケットをかざすと改札が開き、通れるようになります。

また、電車を降りて改札を出る際も同様にチケットをかざして出ます。スタンダードチケットはペラペラの紙ですが、1回切りの切符ではなく、6回までの乗車に使えるので旅行・観光中はなくさないようにしましょう。

MRTは、乗り換えも簡単!

MRT(電車)は、路線(ライン)が色ごとに分かれており、路線を乗り換える際も路線の名前や色に従って進めば簡単に乗り換えができます。

シンガポールの電車(MRT)の乗換の案内板。青色がDowntownラインと、分かりやすいです。
↑シンガポールの電車(MRT)の乗換の案内板。青色がDowntownラインと、分かりやすいです。

乗り換えの難易度は、東京や大阪、名古屋の方が路線が入り組んでおり複雑ですので、日本で普段電車に乗られている方には何ら問題なく乗り換えができます。

また、乗り換えや料金案内はこちらの公式サイトより確認できます。
→ シンガポールMRT公式サイト
※公式サイトで乗換案内のシステムが使えなくなっていました。
googleマップでの案内が今現在一番使いやすいかと思います。
→ グーグルマップ シンガポール

MRTに乗る際の注意点・罰金

シンガポールのMRTに乗る際には、いくつか守らなければならない注意点があります。

  • 飲食:500ドルの罰金
  • 喫煙:1000ドルの罰金
  • ペット・動物の持ち込み:500ドルの罰金
  • ドリアンの持ち込み:500ドルの罰金
  • 可燃液体の持ち込み:500ドルの罰金

日本と同じ考えで電車に乗ると、喫煙はありえませんが、飲食などは意識をしていないと水分補給などで気づかぬ内に違反をしてしまう場合があります。違反をすると上記の様に罰金が課せられてしまうため、十分に注意をしてMRTに乗るようにしましょう。

2019年のMRT路線図(マップ)

シンガポールの電車MRTの路線図(マップ)です。


2019年9月6日時点の最新のシンガポールMRT(電車)の路線図(マップ)

↑クリックすると画像が拡大されます。(2019年9月6日更新)

シンガポールの電車MRTは、まだまだ開発途上のため、随時新しい路線が開通しています。

上記路線図(マップ)は、新しく開通予定のThomson-East Coast Line、Circle Line 6 、Jurong Region Lineなども含まれたマップとなっています。※2019年9月6日時点

最新の路線図は、こちらのシンガポールMRT公式サイトからも確認できますので、参考にしてみて下さい。

 

その他にも、シンガポールの旅行・観光の際に知っておくと役立つ情報を特集していますので、参考にして頂ければと思います。

 

 

スポンサーリンク
  • Facebookでシェア

カテゴリー ⇒ シンガポール基本情報

ツイッター・FB始めました
いいねで観光情報をGET!