マイプランに追加
×

当サイトからのお知らせ  新型コロナウイルス肺炎について 【2020年2月25日情報追加】 現在、シンガポールでは疾病対策コード(危険信号の様なもの)が、Orangeに指定されています。Orangeは、最高危険レベルのRedの一つ手前です。また、2月1日より、「14日以内に中国本土への渡航歴」がある人のシンガポールへの入国・トランジットはできなくなっているのでご注意下さいませ。シンガポール現地住民で中国から帰国された人への制限も実施されており、学校への登校・会社への出勤が禁止されています。2020年2月24日12時時点のシンガポール政府から公開された情報では、新型コロナウイルスの感染者数は90人(前日比1人増)、検査中が25人(前日比16人減)、検査結果が陰性の人が1239人(前日比37人増)、すでに回復し退院した人が53人(前日比2人増)です。日本のクルーズ船を含めた感染者数と比べると少なく見えますが、人口比率で見ると、日本より約3.56倍もの人がシンガポールでは感染している数値となります(2月19日時点での算出)。日本のクルーズ船を含めない感染者数での人口比率だと、日本より約26倍もシンガポールは感染率は高いです(WHOでの統計ではクルーズ船の感染者数は日本には含まれていません)。2月25日にWHOが発表した、2月24日時点の世界の感染者数は、中国:77262人、韓国:763人、日本:144人、イタリア:124人、シンガポール:89人、イラン:43人、アメリカ:35人、クルーズ船(日本):695人です。シンガポールでの感染者数は日に日に増加しており、2月9日にはカタールとクウェートがシンガポールへの不必要な渡航を控える通達を出しました。2月22日には、インド政府もシンガポールへの不要不急の旅行を控える通達を出しています。旅行情報を発信する立場としては、大変伝えづらいのですが、今の時期のシンガポールへの渡航は、当サイトとしてはお勧めできません。もしこれからやむを得ずシンガポールへ行かれる方はくれぐれも感染されないよう、ご注意下さいませ。現地ではマスクも売り切れており、入手困難です。各観光施設へ入る際には、体温チェックが実施される場合があります。さらに、渡航歴も聞かれる可能性もあるため、パスポートの携帯を忘れないようにしましょう。新しい情報が入り次第、当サイトでも情報を発信させて頂きます。

シアン ホッケン寺院(Thian Hock Keng Temple)

  • Facebookでシェア
お勧め度:☆☆☆☆所要時間:30分~ ハートマイプランに追加

シアン ホッケン寺院(Thian Hock Keng Temple)
シアン ホッケン寺院(Thian Hock Keng Temple)は、チャイナタウン地区にある、シンガポールで最も古い中国寺院の一つです。

ここでは、シアン ホッケン寺院の魅力や見所、営業時間、場所・行き方などを徹底調査していますので、これからシンガポール旅行・観光に行かれる方の少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シアン ホッケン寺院(Thian Hock Keng Temple)はどんな所?

シアン ホッケン寺院(中国名:天福宮)とは、どんな場所なのでしょうか?
基本的な情報から、魅力、見所をお伝えしていきます。

1839年に建設された歴史あるシアン ホッケン寺院

シアン ホッケン寺院(Thian Hock Keng Temple)は、1839年に建設された歴史ある中国寺院です。(建設完了は1941年)

1839年に建設された歴史ある中国寺院のシアン ホッケン寺院
↑1839年に建設された歴史ある中国寺院のシアン ホッケン寺院。

ホッケン(天福宮)の名前の由来は、建設者であるTan Tock Seng氏とSi Hoo Keh氏の出身地「中国福建省」から名付けられたと言われています。

中国南方地方の伝統技術を用い、釘を使っていない天福宮

シアン ホッケン寺院の建物は、中国の南方地方の伝統技術を用い、釘を使わず建てられました。

シアン ホッケン寺院(Thian Hock Keng Temple)の入り口。金色と赤色の装飾が特徴で、とても釘を使っていない様には思えません。

↑シアン ホッケン寺院(Thian Hock Keng Temple)の入り口。金色と赤色の装飾が特徴で、とても釘を使っていない様には思えません。

シアン ホッケン寺院の敷地内も、伝統技術を用いられた美しい装飾が目を光ります。

↑シアン ホッケン寺院の敷地内も、伝統技術を用いられた美しい装飾が目を光ります。

また、1973年にはシンガポールの記念建造物にも指定されており、国内外から多くの旅行客が訪れる観光スポットにもなっています。

航海の安全を祈る事でも有名な観光スポット!

シアン ホッケン寺院(Thian Hock Keng Temple)の施設内には、媽祖(まそ)という中国沿海部で信仰が深い道教の女神様を祈るための天后が祀られています。

シアン ホッケン寺院(天福宮)にて、媽祖(まそ)にお祈りをする人。

↑シアン ホッケン寺院(天福宮)にて、媽祖(まそ)にお祈りをする人。

媽祖(まそ)は、航海や漁業の守護神としても信仰されており、このシアン ホッケン寺院にも、かつて多くの船乗りたちが航海の安全を祈りに訪れていました。

媽祖(まそ)が祀られているエリアは、写真・動画撮影禁止エリアが設けられているので、旅行・観光の際には注意しましょう。

↑媽祖(まそ)が祀られているエリアは、写真・動画撮影禁止エリアが設けられているので、旅行・観光の際には注意しましょう。

シアン ホッケン寺院内では、お香が一日中焚かれており、今でも航海や漁業に限らず中国を中心に多くの人々がお祈りに来ている観光スポットとなっています。
また、シアン ホッケン寺院内では、お香が一日中焚かれており、今でも航海や漁業に限らず中国を中心に多くの人々がお祈りに来ています。

入場は無料、チャイナタウンに来たら立ち寄ってみよう!

シアン ホッケン寺院(Thian Hock Keng Temple)は、入場無料です。

シンガポール国内で中国の歴史を感じれる貴重な場所ですし、歴史的建造物の見学もできますので、チャイナタウンに来た際には是非立ち寄ってみましょう。

シアン ホッケン寺院(天福宮)内は、意外と広く、中央メインの媽祖(まそ)の建物の周りにも多くの見どころがあります。

↑シアン ホッケン寺院(天福宮)内は、意外と広く、中央メインの媽祖(まそ)の建物の周りにも多くの見どころがあります。

シアン ホッケン寺院(天福宮)内でも、一際目立つ鬼の「謝将軍」。長い舌が特徴ですが、彼は閻魔様ではなく、生前、首を吊って死去したため、この様な姿となったと言われています。

↑シアン ホッケン寺院(天福宮)内でも、一際目立つ鬼の「謝将軍」。長い舌が特徴ですが、彼は閻魔様ではなく、生前、首を吊って死去したため、この様な姿となったと言われています。

その他、シアン ホッケン寺院(天福宮)では、千手観音菩薩坐像などが展示されており、見どころ多数の観光スポットとなっています。

↑その他、シアン ホッケン寺院(天福宮)では、千手観音菩薩坐像などが展示されており、見どころ多数の観光スポットとなっています。

シアン ホッケン寺院(天福宮)内には、自動販売機もあるため、暑いシンガポール旅行・観光時の水分補給に活躍します。

↑寺院内には、自動販売機もあるため、暑いシンガポール旅行・観光時の水分補給に活躍します。

スポンサーリンク

シアン ホッケン寺院への行き方・地図・アクセス方法

シアン ホッケン寺院(Thian Hock Keng Temple)の場所や行き方・アクセス方法についてお伝えしていきます。

シアン ホッケン寺院の場所・マップ

↓シアン ホッケン寺院周辺マップです。近くの観光スポットやレストラン、ホテルも表示できます!このままだと少し見にくいので、地図を全画面表示にしてご活用下さいませ!!

クリックで地図が表示されます!シアン ホッケン寺院近くの観光スポットやレストラン・ホテルも表示できる高機能マップです! 地図を全画面表示
  • シアン ホッケン寺院周辺の
    観光スポット表示
  • シアン ホッケン寺院周辺の
    レストラン表示
  • シアン ホッケン寺院周辺の
    ホテル表示

シアン ホッケン寺院への行き方・アクセス・最寄り駅

シアン ホッケン寺院(Thian Hock Keng Temple)は、MRTのテロック アイヤー(Telok Ayer)駅より徒歩3分程の場所にあります。

料金・所要時間・営業時間などの詳細情報

シアン ホッケン寺院(Thian Hock Keng Temple)のチケット料金や所要時間・営業時間などの詳細情報です。

シアン ホッケン寺院 - 天福宮の詳細情報
施設名シアン ホッケン寺院 - 天福宮
Thian Hock Keng Temple
お勧め度☆☆☆☆
営業時間 月~日曜日: 7時30分~17時30分
所要時間30分程度が目安
チケット
入場料金
0SGD(無料)
住所158 Telok Ayer St, Singaopre 068613
TEL
電話番号
+65 6423 4616
行き方
最寄駅
MRTのテロック アイヤー(Telok Ayer)駅より徒歩3分程
公式サイトhttp://www.thianhockkeng.com.sg/

※上記の情報は2020年2月19日に更新されたものです。情報が古くなっている場合・不備がある場合は、大変お手数ですが、こちらよりご連絡の程、何卒宜しくお願い致します。

 

 

スポンサーリンク
  • Facebookでシェア

カテゴリー ⇒ 観光スポット

ツイッター・FB始めました
いいねで観光情報をGET!