初めてのシンガポール旅行・観光

初めてのシンガポール旅行・観光
初めてシンガポール観光に行かれる方は、シンガポールが一体どんな場所なのか、何をすれば良いのか等、分からない事が多いかと思います。
ここでは、初心者でもザックリと全体が分かるように、シンガポール旅行・観光情報をお伝えしていきます!

初めてでもすぐに分かるエリア別シンガポール観光

まず、初めてシンガポール観光に行かれる人でもすぐに分かる、エリア別のシンガポール観光についてお伝えしていきます。以下、エリア別の観光スポットマップです。クリックすると、各エリアの詳細が地図上に表示されます。

  • シティ・マリーナ
  • セントーサ島
  • チャイナタウン
  • クラークキー
  • オーチャード
  • ブギス/アラブストリート
  • リトルインディア
  • カトン
  • その他
Loading…
地図を全画面表示

 

初めてのシンガポール観光では、何をすると楽しめるの?

まずは、シンガポール観光の全体像からです。
初めてでもすぐに分かるエリア別シンガポール観光

常夏で比較的安全なシンガポールは、都会・自然の両方が楽しめるオールラウンドな観光国となっており、

  • 体を動かすアクティビティ
  • ショッピング
  • 都会を楽しむ
  • 美しい夜景
  • 美味しい地元グルメ

などなど、観光をひたすら楽しむことができます!

さらに、シンガポールではタクシーの乗車料金が安いため、移動がしやすい点も魅力です。
タクシーの初乗りは3ドル(243円)と激安です!

シティ・マリーナ地区:シンガポールのメイン観光エリア!

シティ・マリーナ地区は、マーライオン公園や、世界最大級の観覧車であるシンガポールフライヤー、そして、今やシンガポールのシンボルにもなりつつあるマリーナベイサンズがある、メイン観光エリアです。

シティ・マリーナ地区のマップ・地図 googleマップを全画面表示

■シティ・マリーナ地区へのチャンギ国際空港からの行き方・時間

  • タクシー
    時間:30分弱、料金:約25ドル(約2,000円)
  • 電車(MRT)
    時間:約50分、料金:2.2ドル(約176円)

マリーナ湾沿いは、マリーナベイサンズ、シンガポールフライヤー、高層ビル群が立ち並んでおり、美しい夜景が楽しめるためお勧めです。シンガポール観光に行くのであれば、まずはこのエリアに行くと良いでしょう。

マリーナ マンダリン シンガポールの夜景は絶景!
マリーナ マンダリン シンガポールホテルから見たマリーナ湾の夜景は、目を見張る美しさ!

その他、シティ・マリーナ地区の主な観光スポットをご紹介します。

  • マリーナベイサンズホテル
    言わずと知れた、3つの高層ビルの上に船が乗っている巨大ホテルです。シンガポール市街を一望できる屋上プールからの景色は、シンガポールに行くのであれば必見の観光スポットです。※屋上プールは、宿泊客専用のためご注意を!当サイトでは、マリーナベイサンズを日本一徹底調査していますので、旅行前の参考にしてみて下さいませ。
    マリーナベイサンズホテル
  • マーライオン公園(パーク)
    シンガポールのアイコンであるマーライオン象がある公園です。マーライオン自体も必見ですが、そこから見えるマリーナベイサンズの景色はもっと必見です!また、公園内にはミニマーライオンちゃんもいるので、忘れずに!
    マーライオン公園(パーク)
  • ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
    ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、近未来型植物園です。摩訶不思議なスーパーツリーを初め、他の植物園では体験できないような展示が多くあり、マリーナベイサンズからも徒歩で行ける人気観光スポットです。
    ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
  • 噴水ショー(スペクトラ)
    噴水ショー「スペクトラ」は、マリーナベイサンズ(ショッピングモール側)前で毎晩開催される、音と光と水のショーです。噴水をスクリーンに見立て、映像が映し出される様子はとても美しいです。さらに、ショーは無料で見る事ができるため、かなりお勧めの観光スポットです。
    噴水ショー(スペクトラ)
  • シンガポール フライヤー
    シンガポールフライヤーは、世界最大級の観覧車で、巨大なゴンドラで地上160mもの高さまで上昇します。また、マリーナベイサンズホテルを始めとする美しいマリーナ地区の眺めと、シンガポールの高層ビル郡が立ち並ぶシティ側の景色が一望できる点も魅力的な観光スポットです。
    シンガポールフライヤー
  • 富の噴水
    富の噴水(ファウンテン オブ ウェルス)は、世界最大の噴水(1998年)で、右手で噴水の水を触りながら3周すると願い事が叶うと言われている観光スポットです。メインの観光スポットではありませんが、近くを通ったら是非寄りたい場所です。
    富の噴水

その他のシティ・マリーナ地区の観光スポットやレストラン、ホテルの一覧は、こちらで徹底特集しています。
→ シティ・マリーナ地区のシンガポール観光スポット一覧
→ シティ・マリーナ地区のレストラン一覧
→ シティ・マリーナ地区のレストラン一覧(マップ・地図で見る)
→ シティ・マリーナ地区のホテル一覧

セントーサ島:島全体がエンターテイメントでアクティビティが多い!

セントーサ島は、島全体がエンターテイメントのエリアとなっており、観光にお勧めのエリアです。

セントーサ島エリアのマップ・地図 googleマップを全画面表示

■セントーサ島へのチャンギ国際空港からの行き方・時間

セントーサ島には、体を動かすアクティビティができる観光スポットが多く、カジノや、ユニバーサル・スタジオ・シンガポール、超巨大プールのアドベンチャー・コーブ・ウォーターパークもあります。お子様にも人気の観光スポットが多く、子連れのファミリー層にもお勧めのエリアです。

  • メガジップ・アドベンチャー・パーク
    メガジップ・アドベンチャー・パークでは、セントーサ島の丘の上からロープ一本で一気にかけおりるメガジップを始め、高さ50メートルから飛び降りるパラジャンプなど、スリル満点のアトラクションが多く体験できます。特にメガジップは大人気で、スリルは勿論、島内の美しい景色を眺めながら滑り降りる楽しさは是非とも経験したいお勧めのアトラクションです。
    メガジップアドベンチャーパーク
  • スカイライン・リュージュ・セントーサ
    スカイライン・リュージュ・セントーサは、セントーサ島にある高台から、650メートルもの坂を専用のカートで一気に駆け下りていくアトラクションです。特に、速度に関しては自分の思っているよりも速く出るので、予想以上のスリリングが楽しめます!
    ↓スカイラインリュージュの動画です。
  • シー・アクアリウム
    シー・アクアリウムは、シンガポールが誇る世界最大の水族館です。ギネス・ブックにも認定された世界最大のアクリルパネルを使用した水槽は圧巻で、まるで海の中で魚を眺めている気分が味わえます。他にも海底トンネルがあるシャーク・シーでは、12種類、200匹以上ものサメや巨大エイを下から眺められます。
    シー・アクアリウム
  • アドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク
    アドベンチャー・コーブ・ウォーターパークは、海をテーマにした巨大プール施設です。一番の魅力は、6種類以上もあるスリル満点のウォータースライダーです。他にも東南アジア最長の流れるプール、波のプールなど数々の施設があり、楽しみ尽くすには半日は最低でも必要です!
    コーブアドベンチャーウォーターパーク
  • マーライオン・タワー
    シンガポールのシンボル、マーライオン・タワーはセントーサ島にあります。外から眺めるだけでも旅行気分が存分に味わえる存在感なのですが、タワー内にはマーライオン伝説の動画上映や、頂上部が展望台になっており、360度パノラマの美しい島内の景色が一望できます。さらに夜には綺麗な夜景も見れる定番の観光スポットです!
    マーライオンタワー
  • ユニバーサル・スタジオ・シンガポール
    日本の大阪にもユニバーサル・スタジオ・ジャパンがありますが、ここシンガポールにもユニバーサル・スタジオ・シンガポールがあります。さらに、日本未上陸のアトラクションも多くあるため、セントーサ島を訪れたのであれば一度は訪れておきたい観光スポットです。
    ユニバーサル・スタジオ・シンガポール

などなど、セントーサ島には、アトラクション系の観光スポットが本当に多くあります。また、セントーサ島には森林が多く、海にも囲まれているため、自然の中でゆったり過ごしたい方や、アウトドア派の方にお勧めのエリアとも言えます。

その他のセントーサ島の観光スポットやレストラン、ホテルの一覧は、こちらで徹底特集しています。
→ セントーサ島のシンガポール観光スポット一覧
→ セントーサ島のレストラン一覧
→ セントーサ島のレストラン一覧(マップ・地図で見る)
→ セントーサ島のホテル一覧

チャイナタウン:格安でお土産が買えるシンガポールの観光エリア

チャイナタウンは、お土産屋さんや、レストランが軒を連ねた多くのストリートから構成されたエリアです。

チャイナタウン地区のマップ・地図 googleマップを全画面表示

■チャイナタウン地区へのチャンギ国際空港からの行き方・時間

特に、チャイナタウンのトレンガヌ・ストリートでは、シンガポールロゴのTシャツが1枚2ドル(約160円)から購入できたりと、激安でお土産を買う事ができます
チャイナタウンの格安のお土産
↑Tシャツが5枚で10ドル(5 For $10)、マーライオンキーホルダーなども一つ1ドル未満のものも!激安でお土産が買えます!

その他、チャイナタウンには、中国由来の寺院や博物館など、多くのシンガポールの観光スポットがあります。

  • シンガポール佛牙寺龍華院博物館
    シンガポール佛牙寺龍華院博物館は、2007年に建築された外観が美しい博物館、寺院です。4階建てとなっており、館内では仏教に関する様々な展示を見ることができます!
    シンガポール佛牙寺龍華院博物館
  • レッド ドット デザイン博物館
    レッド ドット デザイン博物館は、世界的に有名なデザイン賞「レッド ドット デザイン賞」に関連した最先端のデザイン展示品が見られる観光スポットです。見た目のデザインだけでなく、最新の技術を使用した作品も多くあります!
    レッド ドット デザイン博物館
  • シアン ホッケン寺院
    シアン ホッケン寺院は、1839年に建設されたシンガポールで最も古い中国寺院の一つです。航海や漁業の守護神が施設内にあり、かつて航海の安全を祈りに来る人が多かった場所です。今でも航海や漁業に限らずお祈りに来ている人が多く、パワースポットとしても有名な観光スポットです。
    シアン ホッケン寺院

その他のチャイナタウンの観光スポットやレストラン、ホテルの一覧は、こちらで徹底特集しています。
→ チャイナタウンのシンガポール観光スポット一覧
→ チャイナタウンのレストラン一覧
→ チャイナタウンのレストラン一覧(マップ・地図で見る)
→ チャイナタウンのホテル一覧

クラークキー:リバーサイドの美しい眺めと美味しい食事

クラークキーは、シンガポール・リバー沿いにあるエリアで、主にレストラン街となっており、川沿いの美しい景色を眺めながら美味しい食事を楽しむことができます。

クラークキー地区のマップ・地図 googleマップを全画面表示

■クラークキー地区へのチャンギ国際空港からの行き方・時間

  • タクシー
    時間:30分弱、料金:25ドル(約2,000円)
  • 電車(MRT)
    時間:40分弱、料金:1.86ドル(約148円)

クラークキーでは、特に夕方~夜以降の、夕焼けや夜景がとても素晴らしいため、是非ディナー時は足を運んでみることをお勧め致します。
クラークキーの夜景が美しい
↑クラークキーの夜景です。シンガポール・リバー沿いに雰囲気の良いレストランがひしめきあっています!


シンガポール名物チリ・クラブが食べられるジャンボ シーフード リバーサイドポイント店。ピリッとしたチリの辛味と甘み詰まったタレと、カニ身が絶妙に絡まったチリ・クラブは必食の1品です。

クラークキーのレストラン一覧はこちらで徹底特集しています!
→ クラークキーのレストラン一覧
→ クラークキーのレストラン一覧(マップ・地図で見る)

また、クラークキーには、以下の2つの観光スポットがあります。

  • シンガポール リバークルーズ
    シンガポール リバークルーズは、マリーナ湾からボートキー、クラークキー、ロバートソンキーまでの船旅が楽しめる観光スポットです。特に、夕方から、日没の19時以降の夜は美しい夜景が見られるためお勧めです。
    リバークルーズ
  • ジーマックス リバース バンジー
    ジーマックス リバース バンジーは、時速360キロで地上60メートルまで一気に上昇するアトラクションです。都会の中で逆バンジーが楽しめる、珍しいシンガポールの観光スポットです。
    ↓ジーマックス リバース バンジーの体験動画です。飛び立つのは1分10秒辺りから。

オーチャード:シンガポール観光でショッピングを楽しみたい人向け!

オーチャードは、シンガポール随一のショッピング街となっており、旅行・観光でお買い物を楽しみたい人向けのエリアです。

オーチャード地区のマップ・地図 googleマップを全画面表示

■オーチャード地区へのチャンギ国際空港からの行き方・時間

オーチャードエリアには、パラゴンや、アイオン オーチャード、高島屋など、多くの百貨店、ショッピングモールがあります。また、美味しいシンガポール地元グルメのレストランも多くあり、食も楽しめるエリアでもあります。

  • アイオン オーチャード
    アイオン オーチャードは、オーチャードの中心的ショッピングモールです。ファッション衣類、アクセサリーから雑貨、食品、日用品、お土産まで、幅広い種類のお店が入っています。またアイオン・スカイという展望台もあり、シンガポール市街を一望できる景色がお勧めの観光スポットでもあります!
    アイオン オーチャード
  • パラゴン
    パラゴンは、ハイブランドを中心に買い物が楽しめるショッピングモールです。プラダ、グッチ、コーチ、バーバリー、フェラガモなど、多くのハイブランドのお店があり、ゆったりとお買い物が楽しめます。また、カヤトーストチキンライスなどシンガポールの地元グルメが食べられるレストランも多くあり、観光の間に食も楽しむことができます。
    パラゴン
  • ラッキープラザ
    ラッキープラザは、上の2つのモールと違い、少し安めの商品を多く扱っているお店が多いショッピングモールです。また、チキンライスが有名なラッキーチキンライスのお店もあり、4.5ドル~とお手頃な料金が魅力。味は、正直他のチキンライスのお店の方がお勧めですが…
    ラッキープラザ
  • チャターボックス
    チャターボックスは、オーチャードにある5つ星ホテルであるマンダリンオーチャードの5階にある、シンガポール名物チキンライスが食べられるレストランです。他のチキンライスのお店より少し高い料金設定ですが、その分、ワンランク上の味が楽しめるお勧めのお店です!

その他のオーチャードの観光スポットやレストラン、ホテルの一覧は、こちらで徹底特集しています。
→ オーチャードのシンガポール観光スポット一覧
→ オーチャードのレストラン一覧
→ オーチャードのレストラン一覧(マップ・地図で見る)
→ オーチャードのホテル一覧

ブギス・アラブストリート:美しいイスラム教寺院が立ち並ぶ観光エリア

ブギス・アラブストリートは、多くのイスラム教寺院が立ち並ぶ観光エリアです。

ブギス・アラブストリート地区のマップ・地図 googleマップを全画面表示

■ブギス・アラブストリート地区へのチャンギ国際空港からの行き方・時間

ブギス・アラブストリートでは、特にサルタン・モスクを中心とした美しい外観の寺院は必見で、その他にも多くの寺院を見て周る事ができます。

  • サルタン モスク
    サルタン モスクは、シンガポール最大のイスラム教寺院です。外観が、まるで映画に出てくる宮殿の様に美しく、ブギス・アラブストリートの中心的観光スポットと言えます。
    サルタン モスク
  • スリ クリシュナン寺院
    スリ クリシュナン寺院は、多数の神々が揃った入口の門が印象的な、ヒンドゥー教寺院です。必見なのが、入口右側に配置されているイケメン?のハヌマーン。
    スリ クリシュナン寺院
  • テ タリ ショップ
    テ タリ ショップは、練乳入りの名物ミルクティーが有名なブギス・アラブストリートのカフェです。名物髭オヤジの達人技は必見です!

その他のブギス・アラブストリートの観光スポットやレストラン、ホテルの一覧は、こちらで徹底特集しています。
→ ブギス・アラブストリートのシンガポール観光スポット一覧
→ ブギス・アラブストリートのレストラン一覧
→ ブギス・アラブストリートのレストラン一覧(マップ・地図で見る)
→ ブギス・アラブストリートのホテル一覧

リトルインディア:ヒンドゥー教寺院が多いインド文化の観光エリア!

リトルインディアは、インド文化が色濃く反映されたヒンドゥー教寺院がひしめく観光エリアです。

リトルインディア地区のマップ・地図 googleマップを全画面表示

■リトルインディア地区へのチャンギ国際空港からの行き方・時間

また、観光スポットとは別に、激安でお土産が買えるムスタファセンターも必見です!以下、リトルインディアの主な観光スポットです。

  • スリ ヴィラマカリ アマン寺院
    スリ ヴィラマカリ アマン寺院は、シンガポール最古のヒンドゥー教寺院の一つです。特に、神々が色鮮やかに彫られた入口の門は一度見たら忘れられない程、印象的です。
    スリ ヴィラマカリ アマン寺院
  • スリ スリニヴァサ ペルマル寺院
    スリ スリニヴァサ ペルマル寺院は、入口を飾る極彩色の美しいゴープラムが特徴の、ヒンドゥー教寺院です。入場・見学は無料で、寺院内には絵画もあり、観光にも適した場所となっています。
    スリ スリニヴァサ ペルマル寺院
  • ムスタファ センター
    ムスタファ センターは、リトルインディアに位置する、巨大ショッピングセンターです。特に、24時間営業でお土産が格安で買えるので、観光者にも人気のスーパーとなっています。
    ムスタファ センター

その他のリトルインディアの観光スポットやレストラン、ホテルの一覧は、こちらで徹底特集しています。
→ リトルインディアのシンガポール観光スポット一覧
→ リトルインディアのレストラン一覧
→ リトルインディアのレストラン一覧(マップ・地図で見る)
→ リトルインディアのホテル一覧

カトン:時間が余ったら行ってみたいシンガポールの観光エリア

カトン地区は、シンガポールのメイン観光エリアではありませんが、時間が余ったら行ってみたい、2回目のシンガポール観光で行ってみたい、いわばサブ的な観光エリアと言えます。

カトン地区のマップ・地図 googleマップを全画面表示

■カトン地区へのチャンギ国際空港からの行き方・時間

  • クーン セン ロード
    クーン セン ロードは、青、ピンク、緑、オレンジ、カラフルな家々が見所の観光スポットです。シンガポールのプラナカン文化を感じることができる点も魅力です。
    クーン セン ロード
  • カトン アンティーク ハウス
    カトン アンティーク ハウスは、1階がアンティークショップ、2階がプラナカン文化に関する展示が見られる観光スポットです。一見小さな民家に見えるので、通り過ぎないようにしましょう。
    カトン アンティーク ハウス

その他のカトンの観光スポットやレストラン、ホテルの一覧は、こちらで徹底特集しています。
→ カトンのシンガポール観光スポット一覧
→ カトンのレストラン一覧
→ カトンのレストラン一覧(マップ・地図で見る)
→ カトンのホテル一覧

その他のシンガポール観光エリア

その他にも、シンガポールの観光スポットはいくつかあります。

  • シンガポール植物園(ボタニックガーデン)
    シンガポール植物園(ボタニックガーデン)は、2015年に世界遺産に登録された巨大植物園です。自然溢れる広大な敷地の中に、美しい花々や、蘭園、お洒落カフェのハリアなど、多くの魅力的なスポットがあります。
    シンガポール植物園:ボタニックガーデン
  • チャンギ国際空港を遊びつくせ!
    実は、チャンギ国際空港もかなりの遊べる要素が詰まっているのです!屋上のひまわりガーデンや、バタフライガーデン、無料の映画館、最大秒速6メートルの巨大滑り台など、小さなお子様から大人まで楽しめる隠れた観光スポットでもあるのです!
    チャンギ国際空港を遊びつくせ!

シンガポール観光で必ず食べたい地元グルメ

シンガポール観光に行くのであれば、必ず食べたい地元グルメをご紹介していきます!

シンガポール観光でチキンライスは外せない!しかも安い!

まず最初にご紹介したいシンガポールの地元グルメは、安くて美味しいチキンライスです。

シンガポールのチキンライス
↑こちらが、シンガポールのチキンライス。日本のケチャップのライスとは違います!見た目は、シンプルであまり美味しそうに見えないかもしれません・・・が、これが一度食べたらヤミつきになる程美味しいのです。※写真は、天天海南鶏飯のチキンライス。料金は3.5ドルと格安!

チキンライスは、シンガポールの代表的料理と言える料理ですので、観光の際は是非食べてみて下さい。リピート間違いなしの美味しさです!安いですし!

また、こちらの記事で、チキンライスを徹底特集していますので参考にしてみて下さい。
美味い!安い!おすすめチキンライス店

カニを丸ごと炒めたシンガポールのチリ・クラブ!

次にご紹介するのが、卵、味噌が含まれたマイルドな濃厚チリソースでカニを丸ごと炒めたチリ・クラブです。

濃厚チリソースに絡めたチリクラブシンガポール名物グルメのチリクラブ

食べ方は、そのまま手づかみで、カニの身を取り出して食べます。食べる際は、周りの濃厚チリソースに絡めて食べると◎。甘辛でマイルドな味わいが楽しめます!

料金は54.4ドル/1キロ。※シーズンによって若干異なります。お勧めのチリクラブをこちらの記事にて徹底特集していますので、参考にしてみて下さい!
7店のチリクラブおすすめレストラン

ピリ辛だけどマイルドな味わいのラクサも観光にお勧め!

続いては、少しピリ辛だけどマイルドな味わいが楽しめるラクサです。

ラクサとは、ココナッツミルクのマイルドな旨味が詰まったスープに、チリペースト、短めの米粉麺、各種魚介類の具材が入ったシンガポール地元グルメです。

料金も5.5ドル~と安く、濃厚で少し辛いマイルドなスープは、一度味わうと止まらなくなる美味しさ。シンガポール観光にもお勧めの一品です。

ラクサが食べられるお勧めのお店など、こちらでも徹底特集していますので参考にしてみて下さい。
7店のチリクラブおすすめレストラン

クセになる美味しさ!骨付きスペアリブのバクテー!

次にご紹介するシンガポールの地元グルメは、骨付きスペアリブのバクテーです。

バクテーとは、豚の骨付きスペアリブをじっくりと煮込んだ料理の事で、とろけるほど柔らかくなるまで煮こまれた肉が、ダシがしっかりでたスープから構成されています!

バクテーのスープには漢方ハーブが煮こまれており、ほんのりとした苦味もあるコクの深い味わいとなっています。漢方ハーブなので、健康にも良いローカルフードです!

バクテーが食べられるお勧めのお店などの詳細は、こちらの記事でも徹底特集していますので参考にしてみて下さい!
クセになる美味しさ!バクテーのおすすめレストランまとめ

シンガポール観光の朝食に最適なカヤトースト!

最後にお伝えするのは、シンガポール観光の朝食にピッタリのカヤトーストです。

カヤトーストは、卵・ココナッツミルク・パンダンリーフ・砂糖をベースに作られる、美味しいカヤジャムを使ったトーストです。

トーストのパン自体も、日本のものよりもサクサクに焼かれており、食感も楽しめる点も魅力です。外はサクッと、中はジューシーな甘いカヤジャムが塗られたカヤトーストは、一度食べたらヤミツキです!
カヤトースト

また、料金も格安で、カヤトーストとコピ(シンガポール名物コーヒー)、半熟卵のセットで4.2ドル~、単品だと1.9ドル~となっています。

カヤトーストが食べられるお勧めのカフェ・レストランは、こちらで徹底特集していますので参考にシてみて下さい。
朝食に最適!美味しいカヤトーストのおすすめカフェ・レストラン

その他、シンガポールの夜景が楽しめるお勧めレストランや、お洒落にハイティーが楽しめるカフェ・レストラン、マリーナベイサンズのレストラン一覧など、シンガポール観光にお勧めのグルメを徹底特集していますので、参考にしてみて下さいませ。
→ シンガポールのレストラン・食・グルメを徹底調査!WEB予約も可能!

シンガポールはどんな場所?観光には適しているの?

これからシンガポールに初めて行かれる方は、そもそもシンガポールがどんな場所なのか分からない方も多いかと思います。一体、どんな国なのでしょうか?

シンガポールは比較的安全な国なので、初めての海外旅行にもピッタリ!

まずは、シンガポールの治安情報についてです。初めてシンガポールに行かれる方が気になるのが、シンガポールは安全なの?という点です。

シンガポールの治安
結果からお伝えすると、シンガポールは世界平和度指数ランキングで、163カ国中20位と比較的安全な国となっており、初めての海外旅行にもピッタリな国と言えます。

ただし、日本はその上の9位となっており日本より治安が良いとは言えないため、油断はしないようにしましょう!

シンガポールの治安情報の詳細はこちらで徹底特集しています。
→ シンガポールの治安は良い?悪い?

チップの習慣は無く、時差は1時間なので気軽に観光に行ける!

シンガポールが日本人にとって気軽に行ける観光地な理由の一つに、チップの習慣が無いという点が挙げられます。

シンガポールにはチップの習慣は無い

チップの習慣がある国へ観光に行くと、ホテル宿泊時や、タクシー乗車時、食事などでチップを払う必要がありますが、シンガポールにはチップの習慣は一切無いため、気軽に旅行する事ができます。

チップに関する情報はこちらでも徹底特集しています。
→ ホテルやタクシーでチップは必要?

また、シンガポールと日本の時差は1時間とほとんど無いため、時差ボケをする事なく観光を楽しめる点も魅力です。

シンガポールと日本との時差はマイナス1時間

時差や日の出・日没などの詳細はこちらで徹底特集しています。
→ 日本との時差はマイナス1時間

シンガポールには罰金制度が多いので旅行時は注意を!

シンガポール旅行に行く際に気をつけたい事として、タバコ・ゴミ・ポイ捨て・ガム等に関する罰金制度があります。

シンガポールの罰金一覧

シンガポールでは罰金制度がかなり多く、日本人観光者にも適用されるため、注意が必要です。

以下、シンガポール観光時に特に気をつけたい項目を挙げましたので、参考にして下さい。

  • チューイングガムの持ち込み
    1万ドル
  • 未申告でのタバコの持ち込み
    最高5000ドル 詳しくは→ タバコの持ち込みと値段・税金
  • MRT(電車)内での禁止事項(飲食など)
    禁止事項により最高1000ドル 詳しくは→ MRTに乗る際の注意点
  • 横断歩道・歩道橋を利用せずに、そこから50m以内の場所で道路を横断
    50ドル
  • 鳥へのエサやり
    最高1000ドル
  • 公衆トイレで利用後に水を流さない場合
    最高1000ドル
  • ゴミのポイ捨て
    初犯は最高1000ドル、再犯は最高2000ドル+清掃作業など
  • 喫煙場所以外での喫煙
    最高1000ドル
  • ツバや痰を吐いた場合
    最高1000ドル
  • 深夜10時半から朝7時まで屋外での飲酒が禁止
    1000ドル 詳しくは→ 深夜10時半から屋外飲酒禁止!罰金や禁錮刑!要注意!

シンガポールは年中暑い、常夏の国

続いて、シンガポールの気温についてです。シンガポールは、1年を通して気温が27度前後と、年中暑い常夏の国となっています。

↓こちらは、日本(東京)とシンガポールの温度を比較したグラフです。
シンガポールと日本(東京)の平均気温比較

グラフを見て頂くと分かるのですが、シンガポールの1年を通した気温は、日本(東京)の8月と同じくらいの気温と考えると、分かりやすいかと思います。

また、シンガポール観光時の服装は、半袖半ズボンで問題ありませんが、室内は冷房がかなり効いているため、羽織モノを一つ持っておくと便利です。

天気や服装の詳細はこちらで徹底特集しています。
天気・気候と温度・湿度と服装について

 

以上、初めてのシンガポール旅行・観光の情報でした。ザックリとは言ったものの、かなり長い内容になってしまいましたが、これだけを読めば、シンガポールの全体像が分かるかと思います!魅力たっぷりのシンガポール。治安も良く、初めての海外旅行としても選べれる国ですので、是非一度足を運んでみて下さい!

 

ツイッター始めました!
毎日配信中です!

フェイスブックも
始めました!

シンガポールの素敵な情報を毎日お届け!フェイスブックアカウント

いいねを押して観光情報をゲット!

シンガポール旅行の人気記事

5位以下の人気記事を見る

 

カテゴリー ⇒ 観光スポット

ツイッター・FB始めました
いいねで観光情報をGET!