マイプランに追加
×

当サイトからのお知らせ  新型コロナウイルス肺炎について 【2020年2月27日情報追加】 現在、シンガポールでは疾病対策コード(危険信号の様なもの)が、Orangeに指定されています。Orangeは、最高危険レベルのRedの一つ手前です。また、2月1日より、「14日以内に中国本土への渡航歴」がある人のシンガポールへの入国・トランジットはできなくなっているのでご注意下さいませ。シンガポール現地住民で中国から帰国された人への制限も実施されており、学校への登校・会社への出勤が禁止されています。2020年2月24日12時時点のシンガポール政府から公開された情報では、新型コロナウイルスの感染者数は93人(前日比2人増)、入院中が31人(前日比2人減)、すでに回復し退院した人が62人(前日比4人増)です。日本のクルーズ船を含めた感染者数と比べると少なく見えますが、人口比率で見ると、日本より約2.43倍もの人がシンガポールでは感染している数値となります(2月26日時点での算出)。日本のクルーズ船を含めない感染者数での人口比率だと、日本より約13倍もシンガポールは感染率は高いです(WHOでの統計ではクルーズ船の感染者数は日本には含まれていません)。2月27日にWHOが発表した、2月26日時点の世界の感染者数は、中国:78191人、韓国:1261人、イタリア:322人、日本:164人、イラン:95人、シンガポール:91人、アメリカ:53人、クルーズ船(日本):695人です。シンガポールでの感染者数は日に日に増加しており、2月9日にはカタールとクウェートがシンガポールへの不必要な渡航を控える通達を出しました。2月22日には、インド政府もシンガポールへの不要不急の旅行を控える通達を出しています。旅行情報を発信する立場としては、大変伝えづらいのですが、今の時期のシンガポールへの渡航は、当サイトとしてはお勧めできません。もしこれからやむを得ずシンガポールへ行かれる方はくれぐれも感染されないよう、ご注意下さいませ。現地ではマスクも売り切れており、入手困難です。各観光施設へ入る際には、体温チェックが実施される場合があります。さらに、渡航歴も聞かれる可能性もあるため、パスポートの携帯を忘れないようにしましょう。新しい情報が入り次第、当サイトでも情報を発信させて頂きます。

タクシー(TAXI)の乗り方・料金

  • Facebookでシェア

タクシー
シンガポールの旅行・観光に便利なタクシー(TAXI)の乗り方や料金などについて分かりやすくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

シンガポールのタクシー料金は格安

シンガポールでは、タクシー料金が日本に比べて格安で頻繁に利用してもお財布に優しいです。

タクシーの初乗りが3ドル!

日本だとタクシーの初乗りが730円程しますが(東京)、シンガポールでは初乗り料金がなんと3ドル(243円)で利用する事ができます。
※日本円換算は、2014年5月時点での1ドル=81円で計算しています。

また、初乗りの1キロを過ぎると、メーター料金が加算されますが、これもまた格安の1キロ0.55ドル(45円)程と日本の1キロ321円(東京)と比較にならない程安いです。

  • 初乗り:3ドル(243円)
  • メーター(1キロ):0.55ドル(45円)

深夜料金などの特別運賃もある

シンガポールのタクシーは、日本と同じように深夜料金があり、深夜24時~朝6時までは25%~50%の割増料金が加算されます。他にも、マリーナベイサンズホテルなど、大きなホテルでタクシーに乗り降りした場合は、3ドル~4ドルが加算される場合があります。

  • 深夜料金:24時~6時に25~50%の割増料金
  • ホテルなどでの乗り降り:3~4ドルの追加料金
  • 他に、月~土曜の17時~24時の間に中央商業地区を走ると3ドル加算、平日の6時~9時半と18~24時の間のラッシュアワーでは25%の割増料金など、加算料金が複数あります。

このように、特別加算される運賃が複数ありますが、それでも日本のタクシー料金と比べると格安料金と言え、旅行・観光の強い味方となります。

タクシー料金の調べ方

シンガポールの旅行・観光される場合はタクシーの利用が目的地までスムーズに行け、安価のため非常に便利ですが、料金がいくらになるかも気になる所かと思います。こちらのTaxi Singaporeを利用すると、タクシー料金が簡単に計算できますので、これから旅行に行かれる方は是非参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク

タクシーの乗り方

シンガポールでのタクシーの乗り方は日本とほぼ同じなので簡単に利用できます。

ステップ1:タクシーを拾う

シンガポールでは、流しのタクシーも走っているのですが、ホテル前のタクシー乗り場や街中のタクシースタンドを利用するのが一般的です。特に、市内の道路脇に黄色のギザギザ線がある場所は駐車禁止ゾーンとなっているため、タクシーを拾いたくても止まってくれないので注意が必要です。

↓マリーナベイサンズホテル前のタクシー乗り場
タクシースタンド

ステップ2:タクシーに乗る

日本でタクシーに乗る場合、後部座席のドアが自動で開きますが、海外ではドアは基本的に手動で開けます。シンガポールも、ドアは自動で開かないので注意して下さい。また、シンガポールでは後部座席でもシートベルトの着用が義務付けられているため、タクシーに乗車したらシートベルトの着用を忘れないようにしましょう。

タクシーに無事乗れたら、行き先を運転手に伝えましょう。シンガポールでは英語が公用語となっているため、目的地の英語名を伝えれば大体伝わります。

ステップ3:料金を支払う

タクシーが目的地に到着したら、料金を支払ます。料金は、日本と同じように前方にメーターがあるため、このメーターに表示された金額を支払います。
メーター料金

また、深夜料金やホテルで乗車した際は、特別料金が加算される場合があり、メーターの金額に数ドル足された金額が請求される場合があります。加算料金があるという認識がないと、いきなりメーターに3ドルや4ドルが足されてボッタクリでは・・・と思ってしまうかもしれませんが、至って通常の請求料金ですので、あまりにもおかしい金額以外は言われた料金を支払ましょう。

また、クレジットカードで支払いをすると、10%の手数料が加算されますので、なるべく現金での支払をする事をお勧めします。

あとは、運転手にお礼を伝えて、タクシーを降りましょう。

 

その他にも、シンガポールの旅行・観光の際に知っておくと役立つ情報を特集していますので、参考にして頂ければと思います。

 

 

スポンサーリンク
  • Facebookでシェア

カテゴリー ⇒ シンガポール基本情報

ツイッター・FB始めました
いいねで観光情報をGET!