マイプランに追加
×

当サイトからのお知らせ  新型コロナウイルス肺炎について ついに、シンガポール政府の発表により、短期滞在者(旅行者含む)は「シンガポールへの入国禁止」となりました。この規制は、2020年3月23日23時59分より適用となり、シンガポール市民や永住者・長期ビザ保持者以外は、全ての国からシンガポールへの入国はできなくなります。前回の規制では、14日間の自宅待機(ホテル可)をすれば入国は可能でしたが、今回の規制により、旅行者の入国・観光は完全に禁止された形となります。シンガポールでは、この3日間で感染者が急増しており、そのうちの実に80%もの人が海外で感染しておりました。この結果を受けて、今回の規制が開始されたものと思われます。これからシンガポール旅行・観光を検討されていた人・予約を既にされた人は、旅行会社等へのご確認をすぐにするなど、注意することをお勧め致します。この規制が何ヶ月かかるかは未定ですが、シンガポール旅行・観光はとても面白く、楽しく、元気が出るため、辛抱強く、待ちましょう。必ずいつかは規制は解けます。その時のために、今の楽しみを何倍にもして、とっておきましょう。また新しい情報が入り次第、当サイトでも情報を発信させて頂きます。

深夜10時半から屋外飲酒禁止!罰金や禁錮刑!要注意!

  • Facebookでシェア

深夜10時半から屋外飲酒禁止!罰金や禁錮刑!要注意!
2015年4月1日より、シンガポール国内で深夜10時半から朝7時まで屋外(公の場所)での飲酒が禁止されました!違反をすると罰金や禁錮刑もあるので要注意です!詳細は以下で説明していきます!

スポンサーリンク

酒類規制法!深夜10時半~朝7時まで公の場が対象

酒類規制法が施行されました!深夜の飲酒は気をつけて!

「公の場所」での深夜10時半~朝7時まで飲酒禁止

シンガポール国内にて、2015年4月1日より、公の場所での深夜10時半から朝7時までの時間帯での飲酒が禁止される、酒類規制法が施行されました。

これらの法律は、日本からの旅行・観光者にも適用されますので、十分に注意して下さい!

バーやパブ、レストランなどお店での飲酒やホテル内での飲酒はOK

酒類規制法は、深夜から朝の時間帯での飲酒が禁止されるのですが、これらが適用されるのはあくまでも公の場での飲酒です。

従って、パブやバー、レストランなどの許可されているお店や、ホテルなどの部屋内でしたら、飲酒は可能ですので安心して下さい。

スポンサーリンク

初犯は罰金約9万円、再犯は禁錮3月以下も

酒類規制法での違反をすると、罰金刑から、禁錮刑になる可能性も!

最悪の場合、禁錮刑にもなるので要注意!

酒類規制法の違反をすると、初犯だと、1000シンガポールドル(約9万円)以下の罰金が科されます。
さらに、再犯となると、より厳しい罰となり、2000シンガポールドル(約18000円)以下の罰金または、3ヶ月以下の禁錮刑が科されます。
※日本円での換算は、その時のシンガポールドル:日本円の為替レートにより異なります。

コンビニなどでも深夜のお酒の販売がストップ!

酒類規制法にあたり、コンビニやお酒を扱う販売店での、深夜10時半から朝7時までの間のアルコール類の販売が禁止されています。
※空港免税店などは除く

実際に、コンビニに行くと普段は開放されている飲酒販売エリアに鍵がかけられ、買うことができないようになっています。従って、深夜での購入から違反に結びつく可能性は低いですが、22時半前にお酒を買っていた場合は、飲む場所に注意して、飲酒するようにしましょう。

また、逆にホテルの部屋など、深夜に飲酒しても大丈夫な場所でお酒を飲みたい場合は、22時半前にお酒を買っておかないと、購入すらできなくなるので、この点も要注意です。

酔っぱらいの騒音やごみの苦情などが背景

2015年4月より施行された酒類規制法の背景には、泥酔した人による騒音やごみの苦情、暴力や犯罪の被害などが多いことがありました。

そして、2015年1月にシンガポールの国会にて可決されたのです。日本からの旅行・観光者にとっては、日本には無い法律ですので、知らなければ捕まる危険もあるため、十二分に注意して、お酒を飲むようにしましょう!

 

  • Facebookでシェア

カテゴリー ⇒ シンガポール基本情報

ツイッター・FB始めました
いいねで観光情報をGET!