マイプランに追加
×

当サイトからのお知らせ  新型コロナウイルス肺炎について 【2020年2月25日情報追加】 現在、シンガポールでは疾病対策コード(危険信号の様なもの)が、Orangeに指定されています。Orangeは、最高危険レベルのRedの一つ手前です。また、2月1日より、「14日以内に中国本土への渡航歴」がある人のシンガポールへの入国・トランジットはできなくなっているのでご注意下さいませ。シンガポール現地住民で中国から帰国された人への制限も実施されており、学校への登校・会社への出勤が禁止されています。2020年2月24日12時時点のシンガポール政府から公開された情報では、新型コロナウイルスの感染者数は90人(前日比1人増)、検査中が25人(前日比16人減)、検査結果が陰性の人が1239人(前日比37人増)、すでに回復し退院した人が53人(前日比2人増)です。日本のクルーズ船を含めた感染者数と比べると少なく見えますが、人口比率で見ると、日本より約3.56倍もの人がシンガポールでは感染している数値となります(2月19日時点での算出)。日本のクルーズ船を含めない感染者数での人口比率だと、日本より約26倍もシンガポールは感染率は高いです(WHOでの統計ではクルーズ船の感染者数は日本には含まれていません)。2月25日にWHOが発表した、2月24日時点の世界の感染者数は、中国:77262人、韓国:763人、日本:144人、イタリア:124人、シンガポール:89人、イラン:43人、アメリカ:35人、クルーズ船(日本):695人です。シンガポールでの感染者数は日に日に増加しており、2月9日にはカタールとクウェートがシンガポールへの不必要な渡航を控える通達を出しました。2月22日には、インド政府もシンガポールへの不要不急の旅行を控える通達を出しています。旅行情報を発信する立場としては、大変伝えづらいのですが、今の時期のシンガポールへの渡航は、当サイトとしてはお勧めできません。もしこれからやむを得ずシンガポールへ行かれる方はくれぐれも感染されないよう、ご注意下さいませ。現地ではマスクも売り切れており、入手困難です。各観光施設へ入る際には、体温チェックが実施される場合があります。さらに、渡航歴も聞かれる可能性もあるため、パスポートの携帯を忘れないようにしましょう。新しい情報が入り次第、当サイトでも情報を発信させて頂きます。

深夜10時半から屋外飲酒禁止!罰金や禁錮刑!要注意!

  • Facebookでシェア

深夜10時半から屋外飲酒禁止!罰金や禁錮刑!要注意!
2015年4月1日より、シンガポール国内で深夜10時半から朝7時まで屋外(公の場所)での飲酒が禁止されました!違反をすると罰金や禁錮刑もあるので要注意です!詳細は以下で説明していきます!

スポンサーリンク

酒類規制法!深夜10時半~朝7時まで公の場が対象

酒類規制法が施行されました!深夜の飲酒は気をつけて!

「公の場所」での深夜10時半~朝7時まで飲酒禁止

シンガポール国内にて、2015年4月1日より、公の場所での深夜10時半から朝7時までの時間帯での飲酒が禁止される、酒類規制法が施行されました。

これらの法律は、日本からの旅行・観光者にも適用されますので、十分に注意して下さい!

バーやパブ、レストランなどお店での飲酒やホテル内での飲酒はOK

酒類規制法は、深夜から朝の時間帯での飲酒が禁止されるのですが、これらが適用されるのはあくまでも公の場での飲酒です。

従って、パブやバー、レストランなどの許可されているお店や、ホテルなどの部屋内でしたら、飲酒は可能ですので安心して下さい。

スポンサーリンク

初犯は罰金約9万円、再犯は禁錮3月以下も

酒類規制法での違反をすると、罰金刑から、禁錮刑になる可能性も!

最悪の場合、禁錮刑にもなるので要注意!

酒類規制法の違反をすると、初犯だと、1000シンガポールドル(約9万円)以下の罰金が科されます。
さらに、再犯となると、より厳しい罰となり、2000シンガポールドル(約18000円)以下の罰金または、3ヶ月以下の禁錮刑が科されます。
※日本円での換算は、その時のシンガポールドル:日本円の為替レートにより異なります。

コンビニなどでも深夜のお酒の販売がストップ!

酒類規制法にあたり、コンビニやお酒を扱う販売店での、深夜10時半から朝7時までの間のアルコール類の販売が禁止されています。
※空港免税店などは除く

実際に、コンビニに行くと普段は開放されている飲酒販売エリアに鍵がかけられ、買うことができないようになっています。従って、深夜での購入から違反に結びつく可能性は低いですが、22時半前にお酒を買っていた場合は、飲む場所に注意して、飲酒するようにしましょう。

また、逆にホテルの部屋など、深夜に飲酒しても大丈夫な場所でお酒を飲みたい場合は、22時半前にお酒を買っておかないと、購入すらできなくなるので、この点も要注意です。

酔っぱらいの騒音やごみの苦情などが背景

2015年4月より施行された酒類規制法の背景には、泥酔した人による騒音やごみの苦情、暴力や犯罪の被害などが多いことがありました。

そして、2015年1月にシンガポールの国会にて可決されたのです。日本からの旅行・観光者にとっては、日本には無い法律ですので、知らなければ捕まる危険もあるため、十二分に注意して、お酒を飲むようにしましょう!

 

  • Facebookでシェア

カテゴリー ⇒ シンガポール基本情報

ツイッター・FB始めました
いいねで観光情報をGET!