マイプランに追加
×

当サイトからのお知らせ  新型コロナウイルス肺炎について ついに、シンガポール政府の発表により、短期滞在者(旅行者含む)は「シンガポールへの入国禁止」となりました。この規制は、2020年3月23日23時59分より適用となり、シンガポール市民や永住者・長期ビザ保持者以外は、全ての国からシンガポールへの入国はできなくなります。前回の規制では、14日間の自宅待機(ホテル可)をすれば入国は可能でしたが、今回の規制により、旅行者の入国・観光は完全に禁止された形となります。シンガポールでは、この3日間で感染者が急増しており、そのうちの実に80%もの人が海外で感染しておりました。この結果を受けて、今回の規制が開始されたものと思われます。これからシンガポール旅行・観光を検討されていた人・予約を既にされた人は、旅行会社等へのご確認をすぐにするなど、注意することをお勧め致します。この規制が何ヶ月かかるかは未定ですが、シンガポール旅行・観光はとても面白く、楽しく、元気が出るため、辛抱強く、待ちましょう。必ずいつかは規制は解けます。その時のために、今の楽しみを何倍にもして、とっておきましょう。また新しい情報が入り次第、当サイトでも情報を発信させて頂きます。

ホテルやタクシーでチップは必要?

  • Facebookでシェア

チップ
シンガポールなどの海外に旅行・観光する際に必ずチェックしておきたいのがチップの習慣があるのかどうか。
ここでは、ホテルやタクシーなどを利用した場合にチップを渡す必要はあるのかなどをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

シンガポールではチップは必要ない

シンガポールにはチップの習慣がないため、特にチップを渡す必要はありません!

既にサービス税が加算されている

シンガポールでは、ホテルの宿泊やタクシーの料金に、既にサービス税が加算されているため、チップの習慣はありません。従って、ホテルに宿泊した際やタクシーの利用、レストランでの食事などでは特にチップは渡す必要はありません。

日本にはチップの習慣は全くないため、海外旅行の際に戸惑う場面ではありますが、ここシンガポールではそんな心配なく、気軽に旅行・観光をすることができます。

ホテルのベルボーイに渡すのはアリ

シンガポールにはチップの習慣はなく、渡す義務なども一切ないのですが、5つ星ホテルなどのリゾートホテルなどの宿泊した際に、ベルボーイなどにとても良い対応をしてもらった時などはスッとチップを渡すとカッコ良いです。これも、あくまでもチップを上げたくなった時だけで良いので、素晴らしい対応だな、と思った場合には渡してみるのも良い経験となります。その際は、チップはコインではなくお札の2シンガポールドル以上を渡すとより良いです。(お札は2ドルからなので)

ただし、チャンギ国際空港ではチップは禁止されているため注意して下さい。禁止されている分、タクシーなどに乗った場合は3ドルが加算されることになっています。

スポンサーリンク

サービス税とGST合わせると17%

シンガポールにはチップの習慣はないのですが、サービス税が既に含まれています。

サービス税は10%もある

シンガポールでホテルやレストランでは、10%のサービス税が含まれた金額が請求されます。さらに、GSTと呼ばれる消費税が7%あるため、メニューなどの表示されている金額に対して17%の加算をした金額が、正味の支払金額となります。

シンガポールと日本の税金の比較

日本では、2014年に消費税が8%となり、シンガポールのGST(消費税)よりも高くなってしまいました。しかし、シンガポールには10%のサービス税がさらにあり、合計17%もの税金となっています。この点を考えると、日本はまだまだ商品の税が安い国と言えるかもしれません。その分、企業に課される法人税などがシンガポールとは比べ物にならないほど高く、高所得者や企業のオーナーがシンガポールに移住するという話が後を立たないので、一長一短といった形かもしれませんが。

 

その他にも、シンガポールの旅行・観光の際に知っておくと役立つ情報を特集していますので、参考にして頂ければと思います。

 

 

スポンサーリンク
  • Facebookでシェア

カテゴリー ⇒シンガポール基本情報

ツイッター・FB始めました
いいねで観光情報をGET!