マイプランに追加
×

当サイトからのお知らせ  新型コロナウイルス肺炎について 【2020年2月25日情報追加】 現在、シンガポールでは疾病対策コード(危険信号の様なもの)が、Orangeに指定されています。Orangeは、最高危険レベルのRedの一つ手前です。また、2月1日より、「14日以内に中国本土への渡航歴」がある人のシンガポールへの入国・トランジットはできなくなっているのでご注意下さいませ。シンガポール現地住民で中国から帰国された人への制限も実施されており、学校への登校・会社への出勤が禁止されています。2020年2月24日12時時点のシンガポール政府から公開された情報では、新型コロナウイルスの感染者数は90人(前日比1人増)、検査中が25人(前日比16人減)、検査結果が陰性の人が1239人(前日比37人増)、すでに回復し退院した人が53人(前日比2人増)です。日本のクルーズ船を含めた感染者数と比べると少なく見えますが、人口比率で見ると、日本より約3.56倍もの人がシンガポールでは感染している数値となります(2月19日時点での算出)。日本のクルーズ船を含めない感染者数での人口比率だと、日本より約26倍もシンガポールは感染率は高いです(WHOでの統計ではクルーズ船の感染者数は日本には含まれていません)。2月25日にWHOが発表した、2月24日時点の世界の感染者数は、中国:77262人、韓国:763人、日本:144人、イタリア:124人、シンガポール:89人、イラン:43人、アメリカ:35人、クルーズ船(日本):695人です。シンガポールでの感染者数は日に日に増加しており、2月9日にはカタールとクウェートがシンガポールへの不必要な渡航を控える通達を出しました。2月22日には、インド政府もシンガポールへの不要不急の旅行を控える通達を出しています。旅行情報を発信する立場としては、大変伝えづらいのですが、今の時期のシンガポールへの渡航は、当サイトとしてはお勧めできません。もしこれからやむを得ずシンガポールへ行かれる方はくれぐれも感染されないよう、ご注意下さいませ。現地ではマスクも売り切れており、入手困難です。各観光施設へ入る際には、体温チェックが実施される場合があります。さらに、渡航歴も聞かれる可能性もあるため、パスポートの携帯を忘れないようにしましょう。新しい情報が入り次第、当サイトでも情報を発信させて頂きます。

ホテルやタクシーでチップは必要?

  • Facebookでシェア

チップ
シンガポールなどの海外に旅行・観光する際に必ずチェックしておきたいのがチップの習慣があるのかどうか。
ここでは、ホテルやタクシーなどを利用した場合にチップを渡す必要はあるのかなどをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

シンガポールではチップは必要ない

シンガポールにはチップの習慣がないため、特にチップを渡す必要はありません!

既にサービス税が加算されている

シンガポールでは、ホテルの宿泊やタクシーの料金に、既にサービス税が加算されているため、チップの習慣はありません。従って、ホテルに宿泊した際やタクシーの利用、レストランでの食事などでは特にチップは渡す必要はありません。

日本にはチップの習慣は全くないため、海外旅行の際に戸惑う場面ではありますが、ここシンガポールではそんな心配なく、気軽に旅行・観光をすることができます。

ホテルのベルボーイに渡すのはアリ

シンガポールにはチップの習慣はなく、渡す義務なども一切ないのですが、5つ星ホテルなどのリゾートホテルなどの宿泊した際に、ベルボーイなどにとても良い対応をしてもらった時などはスッとチップを渡すとカッコ良いです。これも、あくまでもチップを上げたくなった時だけで良いので、素晴らしい対応だな、と思った場合には渡してみるのも良い経験となります。その際は、チップはコインではなくお札の2シンガポールドル以上を渡すとより良いです。(お札は2ドルからなので)

ただし、チャンギ国際空港ではチップは禁止されているため注意して下さい。禁止されている分、タクシーなどに乗った場合は3ドルが加算されることになっています。

スポンサーリンク

サービス税とGST合わせると17%

シンガポールにはチップの習慣はないのですが、サービス税が既に含まれています。

サービス税は10%もある

シンガポールでホテルやレストランでは、10%のサービス税が含まれた金額が請求されます。さらに、GSTと呼ばれる消費税が7%あるため、メニューなどの表示されている金額に対して17%の加算をした金額が、正味の支払金額となります。

シンガポールと日本の税金の比較

日本では、2014年に消費税が8%となり、シンガポールのGST(消費税)よりも高くなってしまいました。しかし、シンガポールには10%のサービス税がさらにあり、合計17%もの税金となっています。この点を考えると、日本はまだまだ商品の税が安い国と言えるかもしれません。その分、企業に課される法人税などがシンガポールとは比べ物にならないほど高く、高所得者や企業のオーナーがシンガポールに移住するという話が後を立たないので、一長一短といった形かもしれませんが。

 

その他にも、シンガポールの旅行・観光の際に知っておくと役立つ情報を特集していますので、参考にして頂ければと思います。

 

 

スポンサーリンク
  • Facebookでシェア

カテゴリー ⇒シンガポール基本情報

ツイッター・FB始めました
いいねで観光情報をGET!