シンガポールと日本との時差はマイナス1時間

時差
シンガポールと日本との時差は、マイナス1時間です。
このページでは、時差とシンガポールまでのフライト時間や日の出・日没時間などについてお伝えしていきます。

シンガポールと日本との時差

シンガポールと日本との時差についてお伝えしていきます。

時差はマイナス1時間

シンガポールと日本との時差はマイナス1時間で、日本とあまり大きく違いません。例えば日本で夕方の17時だとすると、1時間を引いた16時がシンガポールの現地時間となります。従って、時差が大きく違うヨーロッパやアメリカなどに比べると飛行時間も少ないですし、日本からの旅行・観光に適した国と言えます。

サマータイムはなし

オーストラリアなど、一部の国では夏に時間を早めるサマータイムを実施している国がありますが、シンガポールではサマータイム制度はありません。1年を通して日本との時差は1時間ですので、現地に着いたら時計を1時間マイナスしておきましょう。時差を忘れて、くれぐれも帰りの飛行機の時間に間に合わないという事がないようにして下さい。

過去には日本と同じ時間だった

シンガポールは、かつて日本の統治時代だった事があります。その時代では、日本の標準時間が使われており、日本と同じ時間でシンガポールの国民も生活していました。ちなみに、シンガポールは日本に統治されてはいましたが、シンガポール国民は反日感情よりも親日感情を持っている人々が多く、旅行・観光には特に問題はありませんので安心して下さい。

日の出・日没時間

シンガポールの日の出・日没時間についてお伝えしていきます。

赤道に近いため日の出時間は一定で7時

シンガポールは、赤道に近いため日の出時間は1年を通して一定で、朝の7時がおおよその目安になっています。(現地時間での7時なので、日本時間だと8時です。)日本だと、冬や夏で日の出時間が変化しますが、常に日の出時間が一定だと、1日のスケジュールが立てやすく、旅行・観光には便利な日の出時間となっています。

日没も一定で19時

シンガポールの日没も1年を通して一定で、夕方を少し過ぎた19時がおおよその目安となっています。日本と比べると、夏至の日没時間が最も遅いシーズンと同じくらいです。夜が長いため、観光場所の営業時間などが影響していなければ、遅くまで観光ができるのも、シンガポールの魅力と言えます。

マリーナベイサンズホテルの屋上プールからの日没です。
マリーナベイサンズホテルの日没

フライト時間(飛行時間)

日本からシンガポールまでのフライト時間は、約6時間です。経由便であれば、乗り継ぎ、乗継後のフライト時間をタイミングにより加算しなければなりません。

また、シンガポールに旅行・観光に行かれる場合は、シンガポール航空がお勧めです。サービス評価が高い事で世界的に有名で、特に独特のサロンケバヤという民族衣装を着たCAも、旅行の雰囲気を盛り上げてくれます!

さらに、何と言っても機内食が美味しく、これは当サイトの管理人個人の意見になってしまうのですが、今まで乗ってきたどの航空会社よりも美味しいと感じました。シンガポール航空の格安航空券を探すのであれば、DeNAが安くてお勧めです。

 

その他にも、シンガポールの旅行・観光の際に知っておくと役立つ情報を特集していますので、参考にして頂ければと思います。

 

ツイッター始めました!
毎日配信中です!

フェイスブックも
始めました!

シンガポールの素敵な情報を毎日お届け!フェイスブックアカウント

いいねを押して観光情報をゲット!

シンガポール旅行の人気記事

5位以下の人気記事を見る

 

カテゴリー ⇒ シンガポール基本情報

ツイッター・FB始めました
いいねで観光情報をGET!