マイプランに追加
×

当サイトからのお知らせ  新型コロナウイルス肺炎について 【2020年2月25日情報追加】 現在、シンガポールでは疾病対策コード(危険信号の様なもの)が、Orangeに指定されています。Orangeは、最高危険レベルのRedの一つ手前です。また、2月1日より、「14日以内に中国本土への渡航歴」がある人のシンガポールへの入国・トランジットはできなくなっているのでご注意下さいませ。シンガポール現地住民で中国から帰国された人への制限も実施されており、学校への登校・会社への出勤が禁止されています。2020年2月24日12時時点のシンガポール政府から公開された情報では、新型コロナウイルスの感染者数は90人(前日比1人増)、検査中が25人(前日比16人減)、検査結果が陰性の人が1239人(前日比37人増)、すでに回復し退院した人が53人(前日比2人増)です。日本のクルーズ船を含めた感染者数と比べると少なく見えますが、人口比率で見ると、日本より約3.56倍もの人がシンガポールでは感染している数値となります(2月19日時点での算出)。日本のクルーズ船を含めない感染者数での人口比率だと、日本より約26倍もシンガポールは感染率は高いです(WHOでの統計ではクルーズ船の感染者数は日本には含まれていません)。2月25日にWHOが発表した、2月24日時点の世界の感染者数は、中国:77262人、韓国:763人、日本:144人、イタリア:124人、シンガポール:89人、イラン:43人、アメリカ:35人、クルーズ船(日本):695人です。シンガポールでの感染者数は日に日に増加しており、2月9日にはカタールとクウェートがシンガポールへの不必要な渡航を控える通達を出しました。2月22日には、インド政府もシンガポールへの不要不急の旅行を控える通達を出しています。旅行情報を発信する立場としては、大変伝えづらいのですが、今の時期のシンガポールへの渡航は、当サイトとしてはお勧めできません。もしこれからやむを得ずシンガポールへ行かれる方はくれぐれも感染されないよう、ご注意下さいませ。現地ではマスクも売り切れており、入手困難です。各観光施設へ入る際には、体温チェックが実施される場合があります。さらに、渡航歴も聞かれる可能性もあるため、パスポートの携帯を忘れないようにしましょう。新しい情報が入り次第、当サイトでも情報を発信させて頂きます。

シンガポールと日本との時差はマイナス1時間

  • Facebookでシェア

時差
シンガポールと日本との時差は、マイナス1時間です。
このページでは、時差とシンガポールまでのフライト時間や日の出・日没時間などについてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

シンガポールと日本との時差

シンガポールと日本との時差についてお伝えしていきます。

時差はマイナス1時間

シンガポールと日本との時差はマイナス1時間で、日本とあまり大きく違いません。例えば日本で夕方の17時だとすると、1時間を引いた16時がシンガポールの現地時間となります。従って、時差が大きく違うヨーロッパやアメリカなどに比べると飛行時間も少ないですし、日本からの旅行・観光に適した国と言えます。

サマータイムはなし

オーストラリアなど、一部の国では夏に時間を早めるサマータイムを実施している国がありますが、シンガポールではサマータイム制度はありません。1年を通して日本との時差は1時間ですので、現地に着いたら時計を1時間マイナスしておきましょう。時差を忘れて、くれぐれも帰りの飛行機の時間に間に合わないという事がないようにして下さい。

過去には日本と同じ時間だった

シンガポールは、かつて日本の統治時代だった事があります。その時代では、日本の標準時間が使われており、日本と同じ時間でシンガポールの国民も生活していました。ちなみに、シンガポールは日本に統治されてはいましたが、シンガポール国民は反日感情よりも親日感情を持っている人々が多く、旅行・観光には特に問題はありませんので安心して下さい。

スポンサーリンク

日の出・日没時間

シンガポールの日の出・日没時間についてお伝えしていきます。

赤道に近いため日の出時間は一定で7時

シンガポールは、赤道に近いため日の出時間は1年を通して一定で、朝の7時がおおよその目安になっています。(現地時間での7時なので、日本時間だと8時です。)日本だと、冬や夏で日の出時間が変化しますが、常に日の出時間が一定だと、1日のスケジュールが立てやすく、旅行・観光には便利な日の出時間となっています。

日没も一定で19時

シンガポールの日没も1年を通して一定で、夕方を少し過ぎた19時がおおよその目安となっています。日本と比べると、夏至の日没時間が最も遅いシーズンと同じくらいです。夜が長いため、観光場所の営業時間などが影響していなければ、遅くまで観光ができるのも、シンガポールの魅力と言えます。

マリーナベイサンズホテルの屋上プールからの日没です。
マリーナベイサンズホテルの日没

フライト時間(飛行時間)

日本からシンガポールまでのフライト時間は、約6時間です。経由便であれば、乗り継ぎ、乗継後のフライト時間をタイミングにより加算しなければなりません。

また、シンガポールに旅行・観光に行かれる場合は、シンガポール航空がお勧めです。サービス評価が高い事で世界的に有名で、特に独特のサロンケバヤという民族衣装を着たCAも、旅行の雰囲気を盛り上げてくれます!

さらに、何と言っても機内食が美味しく、これは当サイトの管理人個人の意見になってしまうのですが、今まで乗ってきたどの航空会社よりも美味しいと感じました。シンガポール航空の格安航空券を探すのであれば、DeNAが安くてお勧めです。

 

その他にも、シンガポールの旅行・観光の際に知っておくと役立つ情報を特集していますので、参考にして頂ければと思います。

 

 

スポンサーリンク
  • Facebookでシェア

カテゴリー ⇒ シンガポール基本情報

ツイッター・FB始めました
いいねで観光情報をGET!