タバコ・ゴミ・ポイ捨てなどの罰金一覧

罰金一覧
シンガポールには多くの罰金制度があります。
ここでは、タバコ・ゴミ・ポイ捨てなどに関わる罰金一覧についてお伝えしていきます。

タバコ・ゴミ・ポイ捨てなどの罰金一覧

シンガポールにある多くの罰金制度のうち、旅行・観光の際に気をつけたい代表的な罰金一覧をまとめていきます。

シンガポールへの旅行者が気をつけたい罰金一覧

以下、シンガポールへの旅行・観光者が気をつけたい罰金制度の一覧です。

  • チューイングガムの持ち込み
    1万ドル
  • 未申告でのタバコの持ち込み
    最高5000ドル 詳しくは→ タバコの持ち込みと値段・税金
  • MRT(電車)内での禁止事項(飲食など)
    禁止事項により最高1000ドル 詳しくは→ MRTに乗る際の注意点
  • 横断歩道・歩道橋を利用せずに、そこから50m以内の場所で道路を横断
    50ドル
  • 鳥へのエサやり
    最高1000ドル
  • 公衆トイレで利用後に水を流さない場合
    最高1000ドル
  • ゴミのポイ捨て
    初犯は最高1000ドル、再犯は最高2000ドル+清掃作業など
  • 喫煙場所以外での喫煙
    最高1000ドル
  • ツバや痰を吐いた場合
    最高1000ドル
  • 深夜10時半から朝7時まで屋外での飲酒が禁止
    1000ドル 詳しくは→ 深夜10時半から屋外飲酒禁止!罰金や禁錮刑!要注意!

特に注意したい罰金制度

特に気をつけたいのが、

  • シンガポールへのチューイングガムの持ち込み
  • タバコの未申告での持ち込み
  • MRT(電車)内での飲食
  • 鳥へのエサやり

の4つの禁止事項です。罰金が発生する他の禁止事項は、基本的にマナーを守っていれば旅行・観光の際中には問題ないのですが、これら4つは知っておかないと思わぬうちに禁止事項を犯している可能性があるので、覚えておきましょう。

なぜシンガポールには罰金制度が多いのか

シンガポールは、英語・中国語・マレー語・タミル語と、公用語が4つも設定されている多民族国家です。これらの多くの民族を統制するためにも、多くの罰金制度が敷かれており、旅行者ももちろんルールを守らなければ罰金を払わなければなりません。

逆に言うと、罰金制度があるおかげで、シンガポールの街並みが綺麗に保たれているとも言えます。旅行・観光の際には日本にいる時と同様に、或いはそれ以上に日本人を代表しているという意識を持ち、マナーに気を使うことを心がけましょう。

 

その他にも、シンガポールの旅行・観光の際に知っておくと役立つ情報を特集していますので、参考にして頂ければと思います。

 

ツイッター始めました!
毎日配信中です!

フェイスブックも
始めました!

シンガポールの素敵な情報を毎日お届け!フェイスブックアカウント

いいねを押して観光情報をゲット!

シンガポール旅行の人気記事

5位以下の人気記事を見る

 

カテゴリー ⇒シンガポール基本情報

ツイッター・FB始めました
いいねで観光情報をGET!