マイプランに追加
×

当サイトからのお知らせ  新型コロナウイルス肺炎について 【2020年2月25日情報追加】 現在、シンガポールでは疾病対策コード(危険信号の様なもの)が、Orangeに指定されています。Orangeは、最高危険レベルのRedの一つ手前です。また、2月1日より、「14日以内に中国本土への渡航歴」がある人のシンガポールへの入国・トランジットはできなくなっているのでご注意下さいませ。シンガポール現地住民で中国から帰国された人への制限も実施されており、学校への登校・会社への出勤が禁止されています。2020年2月24日12時時点のシンガポール政府から公開された情報では、新型コロナウイルスの感染者数は90人(前日比1人増)、検査中が25人(前日比16人減)、検査結果が陰性の人が1239人(前日比37人増)、すでに回復し退院した人が53人(前日比2人増)です。日本のクルーズ船を含めた感染者数と比べると少なく見えますが、人口比率で見ると、日本より約3.56倍もの人がシンガポールでは感染している数値となります(2月19日時点での算出)。日本のクルーズ船を含めない感染者数での人口比率だと、日本より約26倍もシンガポールは感染率は高いです(WHOでの統計ではクルーズ船の感染者数は日本には含まれていません)。2月25日にWHOが発表した、2月24日時点の世界の感染者数は、中国:77262人、韓国:763人、日本:144人、イタリア:124人、シンガポール:89人、イラン:43人、アメリカ:35人、クルーズ船(日本):695人です。シンガポールでの感染者数は日に日に増加しており、2月9日にはカタールとクウェートがシンガポールへの不必要な渡航を控える通達を出しました。2月22日には、インド政府もシンガポールへの不要不急の旅行を控える通達を出しています。旅行情報を発信する立場としては、大変伝えづらいのですが、今の時期のシンガポールへの渡航は、当サイトとしてはお勧めできません。もしこれからやむを得ずシンガポールへ行かれる方はくれぐれも感染されないよう、ご注意下さいませ。現地ではマスクも売り切れており、入手困難です。各観光施設へ入る際には、体温チェックが実施される場合があります。さらに、渡航歴も聞かれる可能性もあるため、パスポートの携帯を忘れないようにしましょう。新しい情報が入り次第、当サイトでも情報を発信させて頂きます。

日本持ち込み禁止品と免税範囲

  • Facebookでシェア


シンガポールなどの海外から日本へ帰国する際の持ち込み禁止品と免税範囲について、お伝えしていきます。

スポンサーリンク

日本への持ち込み禁止品

旅行・観光などで海外旅行へ行った後、日本へ帰国する際に注意したい持ち込み禁止品についてお伝えしていきます。

日本への持ち込み禁止品の種類

海外から日本へ帰国する際には、持ち込み禁止品を持っていないかチェックする必要があります。もし禁止品を持っていた場合は、空港の税関で没収されてしまいますので注意して下さい。
主に注意したい日本への持ち込み禁止品の種類は以下の4通りです。

  • 果物
  • 肉製品
  • 医薬品または化粧品
  • 植物

持ち込み禁止品①:果物

全ての果物が禁止されている訳ではありませんが、主に以下の果物は日本への持ち込みが禁止されています。

  • パパイヤ・マンゴーなどの熱帯果実
  • 柑橘類
  • ぶどう
  • リンゴ
  • トマト
  • 唐辛子
    など

ただし、これらの果実は、そのままの果実を意味しており、加工された製品は持ち込み可能なので安心して下さい。

持ち込み禁止品②:肉製品

肉製品も日本への持ち込みが禁止されています。主な持ち込み禁止対象の肉製品は以下です。

  • ビーフジャーキー
  • ハム
  • ソーセージ
  • 生肉
  • 乾燥肉
    など

また、果実では加工された製品は持ち込み可能でしたが、肉製品に限っては加工肉も持ち込み禁止となっているため注意して下さい。

持ち込み禁止品③:医薬品または化粧品

医薬品または化粧品も、日本への持ち込みが制限されています。

  • 医薬品
    2ヶ月分以内なら持ち込み可能。それ以上は不可。
    ※睡眠薬など、医師からの助言が必要な医薬品は1ヶ月分以内の分量のみ持ち込み可能。
  • 化粧品(育毛剤・薬用石鹸含む)
    1品目辺り24個以内であれば持ち込み可能。それ以上は不可。

また、医薬品に関しては日本で医薬品と指定されていなくても、海外の現地で医薬品指定されている製品は規制されるので注意して下さい。

持ち込み禁止品④:植物

植物には病原菌の原因となる土や害虫が混入している可能性があるため、日本への持ち込みが禁止されています。土がついていないと思える切り花でも害虫が付着していないか検疫を受けなくてはならないため、安易に植物を日本に持ち込むことはしないようにしましょう。また、植物の種や球根、ドライフラワーなどの植物製品も全て規制対象となっています。

持ち込みたい場合は?

持ち込み禁止された製品を日本に持ち込みたい場合は、税関検査の前にある同植物検疫をパスしなければなりません。ただし、基本的には禁止されている製品ですのでパスできる可能性はかなり低いです。特に重要な持ち込む理由がない場合は、素直に諦めた方が無難と言えます。

スポンサーリンク

免税範囲

海外旅行などで日本へ帰国する際に、現地で購入した外国の製品や貴金属などを持っている場合は税関で申告をする必要がありますが、免税範囲内であれば、税金を払わずに税関を通過することができます。

日本帰国時の免税範囲

日本帰国時の、製品別の免税範囲を以下にまとめます。

  • 香水
    2オンス(56cc)まで
    ただし、オーデコロン、オードトワレは香水とは見なされません
  • タバコ
    紙巻タバコ:200本まで(日本製、外国製で各200本の計400本まで可能)
    葉巻:50本まで
  • お酒
    3本まで(1本は760cc程と見なされます)
  • 同一品目の製品
    同一品目の海外小売価格の合計額が1万円以下の製品
    例)1本5000円のネクタイを2本購入した場合は免税となります
  • その他
    上記以外の品目の合計額が20万円以内の製品であれば免税となります
    ※未成年の場合はタバコ・お酒の持ち込みは全て免税の対象外となります

税関の申告方法

外国で購入したものが免税の範囲内の場合、免税範囲を超えている場合のどちらでも、飛行機の機内で配られる携帯品・別送品申告書を記入して税関の係員に提出をしなければなりません。

免税の範囲内の場合、もしくは申告する製品がない場合は緑色のランプの検査台へ行きましょう。 もし免税の範囲を超えている場合は、赤色のランプの検査台へ行く必要がありますので、並ぶ列を間違えないようにしましょう。

 

その他にも、シンガポールの旅行・観光の際に知っておくと役立つ情報を特集していますので、参考にして頂ければと思います。

 

 

スポンサーリンク
  • Facebookでシェア

カテゴリー ⇒シンガポール基本情報

ツイッター・FB始めました
いいねで観光情報をGET!