マイプランに追加
×

当サイトからのお知らせ  新型コロナウイルス肺炎について ついに、シンガポール政府の発表により、短期滞在者(旅行者含む)は「シンガポールへの入国禁止」となりました。この規制は、2020年3月23日23時59分より適用となり、シンガポール市民や永住者・長期ビザ保持者以外は、全ての国からシンガポールへの入国はできなくなります。前回の規制では、14日間の自宅待機(ホテル可)をすれば入国は可能でしたが、今回の規制により、旅行者の入国・観光は完全に禁止された形となります。シンガポールでは、この3日間で感染者が急増しており、そのうちの実に80%もの人が海外で感染しておりました。この結果を受けて、今回の規制が開始されたものと思われます。これからシンガポール旅行・観光を検討されていた人・予約を既にされた人は、旅行会社等へのご確認をすぐにするなど、注意することをお勧め致します。この規制が何ヶ月かかるかは未定ですが、シンガポール旅行・観光はとても面白く、楽しく、元気が出るため、辛抱強く、待ちましょう。必ずいつかは規制は解けます。その時のために、今の楽しみを何倍にもして、とっておきましょう。また新しい情報が入り次第、当サイトでも情報を発信させて頂きます。

喫煙場所と禁煙場所

  • Facebookでシェア

喫煙場所シンガポールに旅行・観光に行く際にチェックしておきたい現地のタバコが吸える喫煙場所と禁煙場所についてまとめていきます。

スポンサーリンク

シンガポールの禁煙場所

シンガポールでは喫煙場所が少なく、愛煙家の方には厳しい社会となっています。

ほとんどが禁煙場所

シンガポール国内は、禁煙となっている場所がほとんどで、特に建物内は喫煙エリアと明示されている場所を除き、基本的に全てが禁煙場所となっています。お酒が飲めるバーなどの日本では喫煙できて当たり前と思える場所でも、お店の中にある喫煙スペース以外は全て禁煙となっているため注意しましょう。

↓禁煙のマーク。Non Smorkingと表示されている場所では喫煙しないように。もしタバコを吸ってしまうと、罰金が課せられます。
Non Smorking

全館禁煙のホテルも

喫煙可能な部屋と禁煙の部屋でフロアが分かれているホテルでは、喫煙部屋内でタバコを吸うことができますが、近年、シンガポールではより禁煙に力を注いでおり、全館禁煙としているホテルが出てきました。喫煙者の方でホテルを予約される際は、部屋が喫煙(Smoking Room)と明示されているかしっかりと確認しましょう。

シンガポールの罰金制度

シンガポールでは、マナーに関する規制が多くあり、旅行者であろうと規制を守らないと罰金を課せられてしまいます。禁煙の場所で喫煙をすることも規制されており、もし違反をしてしまうと最高で1000ドルもの罰金が課せられてしまいますので、現地のルールに従って喫煙をしましょう。

そもそも、タバコを吸わない人から見ると、タバコの煙は地獄のように感じてしまいます。愛煙家の方の気持ちも分かりますが、必ず、人に迷惑をかけない事を心がけて下さい。これは日本やシンガポールなどの国関わらず言える人としての最低限の事です。

スポンサーリンク

喫煙場所は?

禁煙場所ばかりのシンガポール。では、愛煙家はどこでタバコを吸えば良いのでしょうか?

屋外は喫煙OK

建物内は、喫煙可能と明示されている場所以外は全面禁煙エリアとなっているシンガポールですが、屋外では基本的にどこでタバコを吸っても構いません。ただし、建物の出入口より5m以上離れて吸わないといけないため、出入口がある場所からは十分距離をとってからタバコを吸いましょう。また、市街地の屋外では至る所に灰皿が設定されているので、どこで吸ってよいか心配の方は灰皿を目印にして喫煙をすると良いです。

↓建物より5m以上離れてタバコを吸わないといけない標識。

歩きタバコも実はOK

マナーに厳しいシンガポールですが、歩きタバコに関する規制は特にありません。市街を歩いていても、たまに見かけることがあります。ただし、日本でも同じことが言えますが、歩きタバコは非常に危険です。小さなお子さんの丁度目線の位置に火があるわけですし、子供でなくても他人を火傷させる可能性が非常に高いです。歩きタバコの禁止はされていませんが、人として「他人の迷惑」を考え、歩きタバコは絶対にやめるようにしましょう!

 

その他にも、シンガポールの旅行・観光の際に知っておくと役立つ情報を特集していますので、参考にして頂ければと思います。

 

 

スポンサーリンク
  • Facebookでシェア

カテゴリー ⇒シンガポール基本情報

ツイッター・FB始めました
いいねで観光情報をGET!