水(水道水・飲料水)は飲める?

シンガポールの水
シンガポールに旅行・観光に行く際にチェックしたい水事情。
水道水は飲めるのでしょうか?また、飲料水はどうやって確保すれば良いのでしょうか?ここでは、シンガポールの水に関する事を徹底調査していきます。

シンガポールの水道水は飲める?

シンガポールの水道水事情についてお伝えしていきます。

シンガポールの水道水は飲んでもOK!

シンガポールの水道水は、日本と同様に浄水処理がしっかりとされているため、そのまま飲める水となっています。水道水の水質も、日本と同じ軟水のため、口にした感触も違和感なく飲みやすい水となっています。従って、ホテルの洗面所などでの水道水も飲むことはできます。
↓マリーナベイサンズホテルの洗面所。こちらの水道水も飲むことができます。
マリーナベイサンズホテルの洗面所

飲料水はコンビニや自販機で簡単に手に入る

シンガポールの水道水はそのまま飲むことができるのですが、日本でもホテルの水道水を直接飲む方はあまりいらっしゃらないかと思います。その場合は、コンビニや自販機などで飲料水(ミネラルウォーター)を手に入れましょう。飲料水の料金は、メーカーにも寄りますが、コンビニで1.5ドル~2ドル程で購入する事ができるので、日本とほぼ同じ感覚で気軽に手に入れることができます。

また、リゾートワールド・セントーサ・カジノや、マリーナベイサンズホテルのカジノが近くにある場合は、カジノ内に無料の飲料水がありますので、喉が乾いたらカジノで遊ぶついでに水も獲得すると、節約にもなりますし、ペットボトルでのミネラルウォーターのため、観光の際にも持ち出しに便利です。

↓マリーナベイサンズホテルのカジノで貰えるペットボトルの水(ミネラルウォーター)。この水は、宿泊者の部屋にも数本置いてあります。
飲料水

水不足のためマレーシアから原水を購入している

シンガポールでは、深刻な水不足が問題となっています。

マレーシアから水を購入している

シンガポールは、高低差の少ないため雨が降ってもあまり貯まることがなく、また国土も小さいため、深刻な水不足に陥っています。国内には、多数の貯水池があるのですが、それだけでは国全土を補う水量を賄えないため、マレーシアから原水を購入しています。

マレーシアは、シンガポールのすぐ隣にあり、ジョホール海峡に2本のパイプラインを通してシンガポールが原水を購入しています。

シンガポール自国でも水不足の改善に取り組んでいる

現在は、シンガポールはマレーシアから大量の水を購入しているのですが、マレーシアとシンガポールの関係は必ずしも良いとは言えない状況で、近年マレーシア政府から

  • 水の提供を停止する
  • 水の料金を100倍にする

などといった声明を受けており、シンガポール自国内でこの水不足を何とかしようという動きが大きくなっています。

その一環として、

  • 日本の技術を導入した下水の再生処理
  • マリーナ湾にダムの建設

など、様々なプログラムに取り組んでおり、特に「日本の技術を導入した下水の再生処理」では、下水を飲料水にも可能とする計画も開始しており、自国内での飲料水の生産に大きな力を入れています。

 

その他にも、シンガポールの旅行・観光の際に知っておくと役立つ情報を特集していますので、参考にして頂ければと思います。

 

ツイッター始めました!
毎日配信中です!

フェイスブックも
始めました!

シンガポールの素敵な情報を毎日お届け!フェイスブックアカウント

いいねを押して観光情報をゲット!

シンガポール旅行の人気記事

5位以下の人気記事を見る

 

カテゴリー ⇒シンガポール基本情報

ツイッター・FB始めました
いいねで観光情報をGET!