マイプランに追加
×

当サイトからのお知らせ  新型コロナウイルス肺炎について 【2020年2月24日情報追加】 現在、シンガポールでは疾病対策コード(危険信号の様なもの)が、Orangeに指定されています。Orangeは、最高危険レベルのRedの一つ手前です。また、2月1日より、「14日以内に中国本土への渡航歴」がある人のシンガポールへの入国・トランジットはできなくなっているのでご注意下さいませ。シンガポール現地住民で中国から帰国された人への制限も実施されており、学校への登校・会社への出勤が禁止されています。2020年2月23日12時時点のシンガポール政府から公開された情報では、新型コロナウイルスの感染者数は89人(前日比0人増)、検査中が41人(前日比14人減)、検査結果が陰性の人が1202人(前日比45人増)、すでに回復し退院した人が51人(前日比2人増)です。日本のクルーズ船を含めた感染者数と比べると少なく見えますが、人口比率で見ると、日本より約3.56倍もの人がシンガポールでは感染している数値となります(2月19日時点での算出)。日本のクルーズ船を含めない感染者数での人口比率だと、日本より約26倍もシンガポールは感染率は高いです(WHOでの統計ではクルーズ船の感染者数は日本には含まれていません)。2月23日にWHOが発表した世界の感染者数は、中国:77042人、韓国:602人、日本:132人、シンガポール:89人、イタリア:76人、タイ:35人、アメリカ:35人、クルーズ船(日本):634人です。シンガポールでの感染者数は日に日に増加しており、2月9日にはカタールとクウェートがシンガポールへの不必要な渡航を控える通達を出しました。旅行情報を発信する立場としては、大変伝えづらいのですが、今の時期のシンガポールへの渡航は、当サイトとしてはお勧めできません。もしこれからやむを得ずシンガポールへ行かれる方はくれぐれも感染されないよう、ご注意下さいませ。現地ではマスクも売り切れており、入手困難です。各観光施設へ入る際には、体温チェックが実施される場合があります。さらに、渡航歴も聞かれる可能性もあるため、パスポートの携帯を忘れないようにしましょう。新しい情報が入り次第、当サイトでも情報を発信させて頂きます。

ロストワールド ユニバーサル・スタジオ・シンガポール

  • Facebookでシェア

ロストワールド
ユニバーサル・スタジオ・シンガポールのロストワールドゾーン内にあるアトラクションやショーイベント・レストランなどについて徹底調査していきます。

※ユニバーサル・スタジオ・シンガポール全般のページは、こちらで特集しています。
→ ユニバーサル・スタジオ・シンガポールとは

ユニバーサル・スタジオ・シンガポールのロストワールドゾーン

ユニバーサル・スタジオ・シンガポールのロストワールドゾーンは、映画「ジュラシックパーク」と「ウォーターワールド」の2つの世界で構成されています。

映画ファンにはたまらない世界観

ロストワールドゾーンは、映画「ジュラシックパーク」と「ウォーターワールド」の2つを忠実に再現しており、映画ファンにはたまらない世界観を味わうことができます。特に、ジュラシックパークからは博物館に負けない程の大きな恐竜の展示があり、子供達にも嬉しい作りとなっています。アトラクションも他のゾーンに比べて豊富にあるため、ロストワールドゾーンで多くの時間を過ごすことが多いのではないでしょうか?

5つのアトラクションと2つのレストラン

ユニバーサル・スタジオ・シンガポールのロストワールドゾーンには、5つのアトラクションと2つのレストランがあります。
アトラクション

  • ジュラシックパーク・ラピッド・アドベンチャー™
    Jurassic Park Rapids Adventure™
  • アンバー・ロック・クライム™
    Amber Rock Climb™
  • キャノピー・フライヤー™
    Canopy Flyer™
  • ダイノ・ソアリン™
    Dino-Soarin'™
  • ウォーターワールド™
    WaterWorld™

レストラン

  • ディスカバリー・フードコート™
    Discovery Food Court™
  • フォッシル・フエルズ™
    Fossil Fuels™

ロストワールドゾーンの場所・マップ

ロストワールドゾーンのユニバーサル・スタジオ・シンガポール内の場所・マップです。
↑ロストワールドゾーンは、園内の一番奥にあるため入場口から行く場合は少し時間がかかるため注意して下さい。

ジュラシックパーク・ラピッド・アドベンチャー™

ジュラシックパーク・ラピッド・アドベンチャー™は、ジャングルを漂流してしまったボートがジュラシックパーク内の激流を下っていくスリル満点のアトラクションです。

恐竜たちのランチタイム

ジュラシックパーク・ラピッド・アドベンチャー™は、ちょうど恐竜たちのランチタイムにボートでジュラシックパーク内を漂流していき、観客はまさに彼らのメニューとなっています。迫り来る恐竜・古代生物から生き残ることはできるのか?スリリングな激流下りができるこのアトラクションは日本未上陸のため是非体験しておきたい一つです。

また、小さなお子さんには身長制限が設けられており、身長が107cm未満のお子さんは利用できません。107cm~122cmのお子さんは付き添いの方と一緒に乗る必要があります。

ジュラシックパーク・ラピッド・アドベンチャー™の場所・マップ

ジュラシックパーク・ラピッド・アドベンチャー™のユニバーサル・スタジオ・シンガポール内の場所・マップです。
↑ジュラシックパーク・ラピッド・アドベンチャー™はロストワールドの入口を入って右側に進んだ場所にあります。

アンバー・ロック・クライム™

ユニバーサル・スタジオ・シンガポールにあるアンバー・ロック・クライム™は、ロストワールド(失われた世界)時代の巨大な壁をロッククライムで上り、宝石や昆虫の化石を探し出すロマンとスリル溢れるアトラクションです。

日本未上陸だが別途料金がかかる

アンバー・ロック・クライム™は魅力あるふれるアトラクションで、日本未上陸と是非とも利用したい所ですが、注意しなければならないのが、パスだけでは利用できず、別途料金が10シンガポール必要となる点です。ただし、料金を払うだけの価値はあるアトラクションとなっているので、ロッククライムとともに宝探しをお子さんと楽しむのも良い思い出になるかと思います。
アンバー・ロック・クライム

アンバー・ロック・クライム™の場所・マップ

アンバー・ロック・クライム™の場所・マップです。
↑ロストワールドゾーン内の大きな壁が反り立っている場所がアンバー・ロック・クライムの場所です。

キャノピー・フライヤー™

ロストワールドゾーンにあるキャノピー・フライヤー™は、ジュラシックパーク内に出てくるプテラノドンをモチーフにしたキャノピーに乗って上空を遊覧飛行できるアトラクションです。

ジュラシックパークが一望できる

キャノピー・フライヤー™は、プテラノドンの目となり、ジュラシックパーク内を一望することができ、景色も素晴らしく爽快感抜群です。ただし、小さなお子さんが利用するには身長制限があり、92cm未満のお子さんは利用できず、92cm~122cm未満のお子さんは付き添いの方と一緒に乗る必要があります。

キャノピー・フライヤー™の場所・マップ

キャノピー・フライヤー™のユニバーサル・スタジオ・シンガポール内の場所・マップです。
↑ロストワールドゾーン内にある、緑の屋根の建物が目印です。

ダイノ・ソアリン™

ダイノ・ソアリン™は、プテラノドンの背中にのり空中散歩を楽しめるスリルある子供向けアトラクションです。

手元のレバーで操縦できる

ダイノ・ソアリン™は、キャノピー・フライヤー™と同じプテラノドンの背中に乗って遊覧飛行を楽しむアトラクションですが、こちらは空中をグルグル回るタイプのアトラクションです。手元にあるレバーで上下に操縦することができるため、お子さんが楽しめる仕組みとなっています。
ダイノ・ソアリン

また、ダイノ・ソアリン™には身長制限があり、122センチ未満のお子さんは付き添いの方と一緒に乗る必要があります。

ダイノ・ソアリン™の場所・マップ

ダイノ・ソアリン™のユニバーサル・スタジオ・シンガポール内の場所・マップです。
↑ダイノ・ソアリンは、ロストワールドゾーンの入口を少し進んだ辺りにあります。

ウォーターワールド™

ウォーターワールド™は、人気映画「ウォーターワールド」を舞台にした冒険イベントショーです。

迫力満点のスタントショー

ウォーターワールドの巨大な海を園内に見事に再現し、水上基地もセットされた中、爆破やストーリーに沿った演出は迫力満点です!ただし、このアトラクションは大阪のUSJにもあるため、日本で見たことがあるかたや、これから行かれる方は無理に行かなくても良いかもしれません。他にも日本未上陸のアトラクションはユニバーサル・スタジオ・シンガポール内にたくさんありますので。

ウォーターワールド™の場所・行き方・マップ

ウォーターワールド™のユニバーサル・スタジオ・シンガポール内の場所・生き方・マップです。
↑ウォーターワールド™は、ユニバーサル・スタジオ・シンガポールの中でも一番奥に位置しているため、時間に余裕を持って行きましょう。

また、ユニバーサル・スタジオ・シンガポールの全般のページは、こちらで特集しています。
ユニバーサル・スタジオ・シンガポールとは

その他、セントーサ島内の観光スポットやホテルなどを徹底的に調査していますので、こちらの記事も旅行・観光の参考にして頂ければ幸いです。

 

 

スポンサーリンク
  • Facebookでシェア

カテゴリー ⇒観光スポット

ツイッター・FB始めました
いいねで観光情報をGET!