マイプランに追加
×

当サイトからのお知らせ  新型コロナウイルス肺炎について ついに、シンガポール政府の発表により、短期滞在者(旅行者含む)は「シンガポールへの入国禁止」となりました。この規制は、2020年3月23日23時59分より適用となり、シンガポール市民や永住者・長期ビザ保持者以外は、全ての国からシンガポールへの入国はできなくなります。前回の規制では、14日間の自宅待機(ホテル可)をすれば入国は可能でしたが、今回の規制により、旅行者の入国・観光は完全に禁止された形となります。シンガポールでは、この3日間で感染者が急増しており、そのうちの実に80%もの人が海外で感染しておりました。この結果を受けて、今回の規制が開始されたものと思われます。これからシンガポール旅行・観光を検討されていた人・予約を既にされた人は、旅行会社等へのご確認をすぐにするなど、注意することをお勧め致します。この規制が何ヶ月かかるかは未定ですが、シンガポール旅行・観光はとても面白く、楽しく、元気が出るため、辛抱強く、待ちましょう。必ずいつかは規制は解けます。その時のために、今の楽しみを何倍にもして、とっておきましょう。また新しい情報が入り次第、当サイトでも情報を発信させて頂きます。

郵便局の料金や到着日数

  • Facebookでシェア

郵便局
シンガポールの旅行・観光の際に、日本の友人や家族に手紙を書く、なんていうのも素敵な思い出の一つになるかもしれません。
ここでは、シンガポールの郵便局の料金や到着日数などについて徹底調査していきます。

スポンサーリンク

シンガポールの郵便局「SingPost」

シンガポールには、SingPostと呼ばれる郵便局があり、比較的安価で日本へ郵便を出すことができます。

シンガポールの郵便局「Sing Post」とは?

Sing Postとは、シンガポールの郵便局の名前で、Singapore Postの略です。手紙や封筒、小包などの国際郵便も出すことができ、支店も主要箇所に点在しているため、旅行・観光者であっても簡単に利用することができます。ただし、郵便局では地元の人の水道代や電話代などの支払いも行われているため、待ち時間が多くかかる場合があります。旅行時に利用される場合は時間には余裕を持って行動しましょう。

郵便局の場所の探し方

シンガポールの郵便局、Sing Postは、Street-Directory.comより探すことができます。地図上から各郵便局の支局を選択することができ、選択後は各支局の営業日や営業時間も知ることができるため、実際に郵便を利用される方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

料金と到着日数

シンガポールから日本へ国際郵便を送る際の料金と到着日数などをお伝えしていきます。

日本へ国際郵便を出す際の料金

シンガポールから日本へ国際郵便・小包を出す際の料金を以下にまとめます。

  • ハガキ:0.5ドル
  • 航空書留:0.5ドル
  • 封書:20gまで1.1ドル、以後10g毎に0.35ドルの加算
  • 小包(航空便):500gまで33.6ドル、以後500g毎に7.15ドルの加算
  • 小包(船便):30kgまで34.85ドル

日本到着までの日数

シンガポールから日本までの国際郵便が届くまでは3~5日、小包の場合は1週間程、船便の場合は3~5週間の日数がかかります。

その他、より詳細な料金や到着日数について、Singapore Postの公式サイトにてチェックする事ができます。画面中央左部より、Calculate Postageが選択されている事を確認後、Select CountryよりJapanを選択、Enter Weightより重さを入力、Delivery Time(days)にて到着希望日数を選択後、Calculate Postageをクリックすると料金や到着日数が表示されます。

 

その他にも、シンガポールの旅行・観光の際に知っておくと役立つ情報を特集していますので、参考にして頂ければと思います。

 

 

スポンサーリンク
  • Facebookでシェア

カテゴリー ⇒シンガポール基本情報

ツイッター・FB始めました
いいねで観光情報をGET!