マリーナベイサンズホテル最強情報

マリーナベイサンズの全てが分かる!

コンベンションセンターはどんな施設か

Convention
マリーナベイサンズ内にあるコンベンションセンターでは、大きな国際的な会議などビジネス向けの催しだけでなく、格闘技の大会、美術展などのエンタテイメントのイベントも多く開催され始めています。
ここでは、コンベンションセンターがどんな施設なのかを徹底調査!

実はマリーナベイサンズの中でも最大の面積

マリーナベイサンズのコンベンションセンターの正式名称は、サンズ・エキスポ・コンベンションセンター(Sands Expo And Convention Center)で、敷地面積は12万平方キロメートルもあり、シンガポール内でも最大級のコンベンションセンターとなっています。全施設を合わせると、2000もの展示ブース、250部屋の会議室があり、4万5000人以上を収容する事ができます。

また、南アジア最大のホールも有しており、6000人のゲストが収容できるホールと、7000人、1万1000人を収容できるホールがそれぞれあります。

ホテル敷地面積よりも大きいコンベンションセンター

マップ
↑はマリーナベイサンズの施設マップです。
大きな赤い矢印で指している部分がコンベンションセンターで、実は、真ん中下のホテルやシアター(劇場)などのその他の施設よりも大きな面積を持っているのです。
それほど、マリーナベイサンズが力を入れている施設ですが、日本では屋上プールがあるサンズ・スカイパークや、ホテルが大きく宣伝されており、コンベンションセンターはあまり存在を知られていません。

マリーナベイサンズにおける目的は平日の集客

マリーナベイサンズにおけるコンベンションセンターは、とても重要な位置づけとなっています。マリーナベイサンズの運営元のサンコーポレーションのオーナー:アデルソン会長がこう発言しています。

「私はカジノ事業化として知られているが、私はコンベンション事業化だ」

氏いわく、カジノやホテル、ショッピングなど複数の施設が合体した複合リゾートには”コンベンション”と”ラグジュアリー観光”が必要で、週末にはレジャーを楽しむ顧客が訪れるが、平日に数千の客室を満たすにはコンベンション産業が必須とのことです。

つまり、コンベンションセンターの一番の目的は、平日の集客のためなのです。大きなビジネスミーティングが平日に開かれれば、自然とホテルの客室も埋まり、会議後の夜などはマリーナベイサンズ内のレストランやカジノなどでお金を使ってもらうことができるのです。

とは言え、コンベンションセンターではビジネス向けの催しだけではなく、エンタテイメントのイベントもたくさん行われ始めています。

コンベンションセンターではどんなイベントが開かれるのか?

前述した様に、コンベンションセンターの一番の目的は平日の集客のためですが、その他にもたくさんのイベントが開催され始めています。2012年5月5日にはコンベンションセンターで初めてとなるボクシングの興行が開催され、つい先日の2014年1月4日にも世界的に有名な総合格闘技の大会であるUFCも開催されました。

その他にも、ファッションショーや日本でも韓流ブームで人気のピ(Rain)のコンサートや、アート・ステージ・シンガポール(美術展)など、マリーナベイサンズのシアターでは収まりきらない大規模イベントなどが多く行われています。年々、コンベンションセンターでのこういったエンタテイメント向けのイベントも多くなってきているので、今後も催しが増えていくことが予想されます!

↓UFC会場の様子です。
UFC会場

マリーナベイサンズホテルを
一番安く予約する方法

マリーナベイサンズホテルを最も格安に予約するには、最安値保証もしている予約サイトを利用するのが一番です。

料金を少しでも安く抑えたい場合は、以下の2つの予約サイトをチェックしておけば、ほぼ間違いはありません!

 

格安ツアーを利用するなら
こちらがオススメ

海外旅行に不慣れな場合や、マリーナベイサンズホテルや航空券を別々で予約するのが面倒な方には、ツアーが便利です。

ツアー会社は数多く存在しますが、無料で簡単に比較できるツアーの一括見積もりがおすすめです。

 


対象のシンガポール観光スポットが必ず安くなるクーポン情報です!当日でも使えるものもあるため、是非ご活用下さい!
※シンガポール現地からでも利用可能です!

カテゴリー ⇒ コンベンションセンター

ツイッター始めました!
毎日配信中です!

フェイスブックも
始めました!

シンガポールの素敵な情報を毎日お届け!フェイスブックアカウント

いいねを押して観光情報をゲット!

ツイッター・FB始めました
いいねで観光情報をGET!