マイプランに追加
×

当サイトからのお知らせ  新型コロナウイルス肺炎について 【2020年2月25日情報追加】 現在、シンガポールでは疾病対策コード(危険信号の様なもの)が、Orangeに指定されています。Orangeは、最高危険レベルのRedの一つ手前です。また、2月1日より、「14日以内に中国本土への渡航歴」がある人のシンガポールへの入国・トランジットはできなくなっているのでご注意下さいませ。シンガポール現地住民で中国から帰国された人への制限も実施されており、学校への登校・会社への出勤が禁止されています。2020年2月24日12時時点のシンガポール政府から公開された情報では、新型コロナウイルスの感染者数は90人(前日比1人増)、検査中が25人(前日比16人減)、検査結果が陰性の人が1239人(前日比37人増)、すでに回復し退院した人が53人(前日比2人増)です。日本のクルーズ船を含めた感染者数と比べると少なく見えますが、人口比率で見ると、日本より約3.56倍もの人がシンガポールでは感染している数値となります(2月19日時点での算出)。日本のクルーズ船を含めない感染者数での人口比率だと、日本より約26倍もシンガポールは感染率は高いです(WHOでの統計ではクルーズ船の感染者数は日本には含まれていません)。2月25日にWHOが発表した、2月24日時点の世界の感染者数は、中国:77262人、韓国:763人、日本:144人、イタリア:124人、シンガポール:89人、イラン:43人、アメリカ:35人、クルーズ船(日本):695人です。シンガポールでの感染者数は日に日に増加しており、2月9日にはカタールとクウェートがシンガポールへの不必要な渡航を控える通達を出しました。2月22日には、インド政府もシンガポールへの不要不急の旅行を控える通達を出しています。旅行情報を発信する立場としては、大変伝えづらいのですが、今の時期のシンガポールへの渡航は、当サイトとしてはお勧めできません。もしこれからやむを得ずシンガポールへ行かれる方はくれぐれも感染されないよう、ご注意下さいませ。現地ではマスクも売り切れており、入手困難です。各観光施設へ入る際には、体温チェックが実施される場合があります。さらに、渡航歴も聞かれる可能性もあるため、パスポートの携帯を忘れないようにしましょう。新しい情報が入り次第、当サイトでも情報を発信させて頂きます。

一番安い日が分かる!
シンガポール リトルインディア周辺の格安ホテルを「料金推移グラフ」で最安日に予約しよう!

39件 (0~15件を表示中)

※観光お勧め順とは